2013年07月25日

原水爆禁止・平和行進に参加しました

@、7月24日、原水爆禁止・相模原平和行進に参加しました。
 この行進は、毎年7月の下旬に全国・県内の各地域の取組と連携して取り組まれ、8月の原水禁大会・世界的な反核平和運動につながっていく取組です。今年も原爆被災者の会や厚木基地爆音防止期成同盟などの市民団体、労働組合、社民党から約200名の参加がありました。市役所前広場で行われた出発セレモニーでは、参加団体から反核・平和に向けた決意や挨拶が述べられ、また非核兵器平和都市宣言を行っている相模原市からは、加山市長の激励メッセージが寄せられました。
 市役所を出発した後は、消防署前、相模原駅、補給廠西門、淵野辺駅のコースでデモ行進を進め、原水爆禁止、脱原発、市内基地撤去、平和憲法擁護などのシュプレヒコールで、反核・平和を訴えました。
 自民党が、昨年末の衆院選に続き先日の参院選でも大勝し、平和憲法の改定、自衛隊の国防軍移行、集団的自衛権行使など、「戦争のできる国・戦争をする国」への準備が進められようとしています。これからも、粘り強く反核・平和を訴えていきたいと思います。
A、7月21は、参議院通常選挙の投開票が行われました。私は特定政党に所属しない地方議員ですが、平和、憲法、環境、脱原発、社会保障、税制、国民生活、教育などを重視する立場から、一定の支援活動を行いました。特に比例代表選挙では、同じ教育現場出身の神本みえ子さんの当選を目指し、精一杯の取組を行いました。結果は、17万6千余票の個人票を得て、3期目の当選を果たすことができました。今後、神本さんの議員活動を見守りご協力頂いた友人・知人・先輩、多くの市民の負託・期待の声を伝えて行きたいと思います。
 参院選は、自民党の大勝という結果になり、今後の政治の方向が気になります。国民誰もが安心して働き、暮らせる社会、子どもたちの豊かな成長と平和な未来を目指して、粘り強く活動したいと思います。
B、主な活動・・・・・
7/2〜防災特別委員会、7/3〜大都市制度特別委員会、さがみ縦貫道路・津久井広域道を促進議連総会、7/4〜神本えみ子演説会、7/6〜自治会大会、7/16〜市議会広報部会、7/18〜公共交通整備促進協議会、7/20〜相模原稲門会、7/21〜岳風会詩吟温習会、7/4−21〜参院選支援活動、7/24〜平和行進、7/13、14、20、21〜田名地区各自治会等の夏祭り、盆踊り
posted by 江成直士 at 11:22| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。