2014年05月31日

6 月 議 会 が 始 ま り ま し た

 5月30日、市議会6月定例会議(6月議会)が始まり、初日の本会議は、環境影響評価(環境アセス)条例など議案の提案説明が行われました。
 環境アセス条例案は、道路建設や高層建築、大規模商業施設など30事業を対象に、夜間照明・反射光などによる光害(ヒカリガイ)や水環境、温室効果ガスなど15の評価項目を設定しています。
 成立すれば、県条例に代わって、市が評価手続きを行えるようになります。代表質問などでどのような議論展開されるか、注目です。私達の市民連合は、金子議員が代表質問を行います。会派としての検討を深めたいと思います。
 この6月議会では、私は、6月25日の午後に、一般質問を行います。教育課題を中心に、質問を組み立てる予定です。
 この間も、様々な会議・行事に参加しました。田名地区社会福祉協議会総会、憲法集会(5/23)、詩吟岳風会総会(5/24)、肢体不自由児者父母の会40周年式典、学童保育連絡協議会総会☆(5/25)、湘北教組事務職員部総会☆(5/27)、田名地区青少年健全育成協議会☆(5/29)、市議会訪加団結団式、広報部会、田名地区公共交通整備促進協議会総会(5/30)、新宿小運動会、議会基本条例の市民意見交換会(5/31)。☆印の場では、来賓として挨拶を述べました。
 憲法集会では、弁護士の伊藤 真さんの講演「憲法改正の動きとねらい」を聴きました。
 伊藤弁護士は、現行憲法と対比しながら、自民党の改憲草案の問題点や危険な狙いを具体的に明らかにし、「憲法はどこが大切なのか」を論じられました。
 ボリュームがあり内容の濃い講演で、国民主権、基本的人権、平和主義の大切さ、世界史的な先進性・価値性について、認識を一層深めることができました。 集団的自衛権行使の解釈変更容認についても、日本を「戦争のできる国」に変え、他国防衛のために自衛隊を戦場に送るものとして、立憲主義・平和主義の視点から厳しく批判されました。
 1時間半ほどの講演で伊藤弁護士は、最後に、憲法改悪を阻止する上で、権力の危険性・戦争の悲惨さ・人権否定の恐ろしさについて想像力を働かせ、市民的連帯の力を確信し、慌てず・焦らず・諦めず・一歩一歩取り組むことの大切さを訴えました。私もしっかりと、心に刻んで頑張ろうと思います。 
 新宿小の運動会は、開会式など短い参観時間でしたが、子どもたちの立派な挨拶や元気な運動会の歌、きびきびした応援パフォーマンスなどに、感心しました。まだ5月というのに真夏のような暑さでした。抜本的な暑さ対策が必要です。教育委員会に問題提起していきたいと思います。
 議会基本条例の市民意見交換会は、土曜日の午前でしたが、30名近い市民が参加して、活発な意見交換が行われました。「請願・陳情される市民の趣旨説明について、審査する委員会が必要とする時、聞くことができる」とする条例案について、疑問や意見が集中しました。
 条例案では、請願・陳情を市民の声を伺う機会と位置づけているのですから、私は、請願・陳情者の希望に即して、趣旨説明や意見表明の機会を、原則として保障することが、論理に叶っていると思います。議員全体の説明会でも、その旨を主張した経緯があり、「やはり論議になったナ」という感を持ちました。最大公約数としてまとまった条例案ですが、市民意見を受け止め、再吟味することも大切ではないかと思いました。
posted by 江成直士 at 23:47| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。