2011年03月16日

計画停電への対応などを行いました

 東北関東大震災による甚大な被害には、ことばもありません。尊い命を失われた皆さまに哀悼の気持ち捧げます。また救いを求めている皆さまに少しでも早く救援の手が届くように祈る思いです。
 東京電力の計画停電が行われ、市内のお年寄りや電気医療器具をお使いの方に、影響が危惧されます。市民の安全安心が確保されるよう求めていきたいと思います。
 計画停電については、情報伝達の不手際やひばり放送の聞き取りにくさなど、市民からの苦情が寄せられています。市の危機管理室や東電に対応して、善処方、申し入れしました。停電のグループ表示やひばり放送のアナウンスなど、若干の改善があったように思います。市民の声を受け止め、生活の安心、安定のため取り組みたいと思います。
 仙台市と多賀城市に住んでいる二人の義兄とその家族の安全が、ようやく確認できました。ホッとすると共に、真冬を思わせる寒気の中で食料はじめ生活物資が不足する避難生活を思い、暗澹としてきます。
 政府関係機関の、迅速な救助・救難活動を求めたいと思います。また私も、自分の出来うる最大限の取り組みを追求したいと思います。


posted by 江成直士 at 23:02| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

田名中の卒業式に出席しました 

 3月9日、田名中学校の第63回卒業式に参列しました。今年の卒業生は、合計298名で、最後の卒業生は、第1万3,961号と読み上げられました。私や二人の娘、兄弟もこの中に含まれており、田名中の歴史や伝統への「つながり」を実感しました。
 卒業証書を受けとる生徒の表情には、新たな旅立ちへの希望や決意が窺え、全体には、穏やかな素敵な卒業式でした。
 送る言葉、別れの言葉、送る歌、別れの歌も、気持ちのこもった素晴らしい内容でした。式の最後に、卒業生がクラスごとに揃って担任の先生に大声で感謝している姿、先生方の感涙する姿に、今年も、思わず目頭が熱くなりました。
 みんな、未来を担う中学生。夢をもって大きく羽ばたいて欲しいと、前途を祝福しました。

posted by 江成直士 at 07:40| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

田名鼓笛隊の発表会に参加しました  


IMG_1136.jpg 2月27日午後、田名小体育館で開かれた「田名鼓笛隊発表会」に出席しました。29回を数える発表会で、隊員の皆さんが、息のあった見事な演奏・演技を披露してくれました。先輩中学生の司会も、落ち着いて立派でした。友情出演した上溝鼓笛隊の皆さんも、トランペット演奏を生かして、素敵な演奏でした。
 30年程も前、水郷田名鼓笛隊の時代に、子供会役員として、世話役を務めたことを懐かしく思い出しました。連綿と繋がる多くの方々の尽力、子供たちのガンバリに、頭が下がりました。
 鼓笛隊の活動は、子供たちの貴重な経験・楽しい思い出となって、人生の宝になると思います。子供たちが、鼓笛隊活動を通して、豊かな成長を実現するよう願いながら、演奏・演技を楽しませてもらいました。(写真は、立派な演奏演技の様子) 
posted by 江成直士 at 22:36| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

「サーラまつり」を参観しました


サーラ.jpg 2月11日、「ソレイユさがみ」で開かれた「第7回サーラ(男女共同参画さがみはら)まつり」に出席しました。「サーラ」は、「NPO法人・男女共同参画さがみはら」の愛称で、「ソレイユさがみ」の指定管理者になっており、男女共同参画社会の推進を目指す拠点的な活動を行っている団体です。
 今回のイベントには、二本松保育園の園児さんや、津久井地区で平和のための音楽チャリティー活動を行っている「スーパーステーション」の皆さんが出演し、会場を盛り上げていました。
 また相原高校の皆さんが今年も参加し、活動報告をしたり、相原高特産の野菜やミルクジャム、クッキーを販売したり、大活躍でした。
 参加団体の販売コーナーも賑やかで、私も野菜やまんじゅうなど、沢山買い込みました。
 今後も、男女が共に輝く共同参画社会が推進されるよう、サーラの皆さんの活躍に期待し、応援したいと思います。(写真は保育園児の演奏)

posted by 江成直士 at 08:30| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

退女教・新春の集いに出席しました

 1月31日昼、湘北・退職女性教職員の会(退女教)新春の集いに出席しました。
 相模原市や近隣市で、女性教職員として活躍された皆さんが、退職後の生活の充実を目指して組織した「退女教」は、「美しい人生」を送ろうと、平和の語り部活動やボランティア活動、さらにはお互いの生き甲斐や趣味の交流など、第二の人生を謳歌されています。
 現役を退いても、教育と子供たちの未来、そして平和にかける思いは熱く、皆さん溌剌とお元気でした。 私の議会活動も、力強く支援して頂いています。
 介護や医療への願い、後輩の教職員や教育への思いなど、それぞれの体験談を交えて、楽しく有意義に歓談交流しました。選挙に向けて激励も頂き、元気倍増の思いがしました。共に頑張りたいと思います。

posted by 江成直士 at 21:37| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

議員合同研修会に参加しました 

1月28日午後、相模原市民会館で開かれた「県央八市議会議員合同研修会」に参加しました。
 講師は、「朝ズバ」に出演しているTBS報道局の杉尾秀哉氏で、「政治展望〜報道から見た日本の政治」と題して、1時間半にわたり、政局の状況と今後の政治課題について、マスコミの第一線に立つ立場から、熱心に話されました。
 菅内閣の政権運営は、ねじれ国会の中で極めて厳しい状況にあります。内閣総辞職や解散総選挙も含む政治展望を、興味深いホットな情報を交えた講演を聴き、大変参考になりました。
 「地方から日本を変える」ために、地方議会が@熟議の民主主義を確立する、A議会に多様な人材を集める、B地方議会から優秀な人材を育て国政におしだす、などの提案があり、どれも肯きながら聴きました。また、日本の政治、経済、社会の閉塞状況をどう打ち破っていくのか、地域主権・分権改革という方向は当然のものとして、課題は、どう実行するかに集約されているとの指摘には、強く共感しました。
 お任せ民主主義の脱却、住民の政治関与強化等も含め、住民に信頼され、期待される地方議会の構築のため、全力を尽くして取り組みたいと思います。


posted by 江成直士 at 17:29| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

相模原地域連合・新春の集いに参加しました

 1月26日夕方、相模原地域連合・新春の集いに出席しました。統一自治対選を控え、地域連合の推薦議員の一人として、相模原市議選を頑張り抜く決意表明を行いました。
 「働くことを基軸とする安心社会の実現」を目指す連合の運動理念に共感しながら、地域労働組合の皆さんと歓談することが出来ました
 政治・経済・社会の様々な課題に、勤労市民の立場から切り結び、改善を目指すことが重要だと思います。働くこと、働く人の存在が尊重され、市民生活が充実することを目指して、働く仲間と想いを一にして取り組見たいと思います。
 この間、1月22日には、加山相模原市長や社民党相模原支部、日本郵政(JP)労組の各新春の集いに出席しました。これで沢山続いた新春の集い・賀詞交換会が終わり、何かホッとしました。

posted by 江成直士 at 22:44| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

市・職員労働組合の新春の集いに出席しました

 1月19日、市・職員労働組合(市職労)の新春の集いに出席しました。
 毎年お招きを頂いていますが、今年は4月の選挙に向けて市職労から推薦を頂き、感謝の気持ちも込めながら、最後まで楽しく参加しました。
 会場には、昔の教え子や学校時代の同僚だった方、組合活動を通じた旧友、知己も参加されていて、懐かしい交流が出来ました。
 学校と市役所。場所は違っても、大切な公共サービスを担う同じ公務員として、連帯・連携するところが多々あると思いました。また、人材は公共サービスの最大の資源です。職員の皆さんが、健康に生き生きと働ける職場環境が、市民福祉の充実に繋がると思います。
 これからも、職員の皆さんが元気に頑張って安心して暮らせる環境づくりに、精一杯取り組みたいと思います。
posted by 江成直士 at 21:33| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

だんご焼きや湘北教組「新春の集い」に出席しました 

1月14日昼過ぎ、田名・陽原(みなばら)地区のだんご焼きに参加しました。
 平日で、子どもの参加が少なく、少し寂しい気がしました。しかし、14日の左義長の当日に行うのは、今では珍しく、道祖神のお参りもする本格的な伝統行事になっています。地域の長老の皆さんと交流が出来て有意義でした。
 午後は、湘北教組・新春の集いに出席しました。湘北教組は、相模原市をはじめ近隣8市町村の小中学校教職員の組合で、私の議員活動の支持母体の一つです。
 集いには、各学校の代表者が出席し、労働団体、行政、教育関係者、議員等、多数の来賓も列席されました。加山市長はじめ来賓代表から教育運動への激励・連帯の挨拶がありました。春の統一自治体選挙の推薦候補も決意表明し、熱気が溢れました。
 私も、湘北教組推薦議員団を代表して、子どもの笑顔が広がるよりよい教育環境づくり、市民の安心・潤いの生活に向けて、全力傾注の決意を述べました。現場教職員の願いを反映するため、頑張りたいと思います。

posted by 江成直士 at 00:45| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

だんご焼き、押し絵作品展を参観しました。


だんご焼き 003.jpg
だんご焼き 002.jpg 1月9日、出初め式の参観後、各地で行われた「だんご焼き」(左義長)を回りました。
 初めに、横山小の会場で、地域総出の賑わいに驚きました。会場で教え子のSさんや知り合いの自治会長さんと挨拶を交わすことが出来ました。
 田名・清水地区の会場では、だんご焼きを体験しました。久しぶりのだんご焼きで、嬉しくなりました。
 無病息災を願う恒例行事が、今年もしっかり取り組まれていて、参加した子供たちの笑顔が印象的でした。
 煙や降灰なども問題もあり、会場近隣の方のご理解も欠かせないそうです。世話役の皆さんのご尽力に、頭が下がります。地区の文化伝統行事の継承を、大切にしたいと思います。(写真は、私のだんご焼きと塩田地区の様子)
 夕方は、「陽(ぬくもり)の会」の皆さんの作品展を観賞しました。
 会場の市民ギャラリーには、田名公民館を中心に押し絵の制作活動に取り組む皆さんの、29年間にわたる秀作が、作品写真集と共に展示されていました。
 作者一人ひとりの思いの込められた素晴らしい作品群で、知人の作品も多く、布生地の特性を生かし、細部も工夫した粘り強い制作活動に感服しました。
 指導者の小出先生から説明も頂き、感銘深く観賞させて頂きました。地域の方の文化活動として、一層の発展、活躍を応援したいと思います。


posted by 江成直士 at 09:42| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

田名地区賀詞交換会に出席しました 

1月8日、田名地区の新春賀詞交換会に出席しました。会場の田名公民館には、田名地区の各自治会長、各種団体の代表、加山市長他多数の来賓が出席され、大盛会でした。
 田名地区の安全・安心のよりよいまちづくりに向けて、期待に満ちた賀詞交換会になりました。
 賀詞交換会に続いて、自治会の現役役員やOBの皆さんとの懇親会にも出席し、地元の方々との楽しい交流ができました。
 まちづくりの課題だけでなく、国政の混迷や景気の低迷についても、いろいろと意見を伺いました。民主党政権の現状についても、厳しい意見があり、無所属議員の立場にある私にも、鋭い意見や質問が出されました。政治の基本は、国民の信頼にあります。
 市政においても、市民への情報公開と説明責任を大切にした、信頼の政治を進めなければならないと思います。

posted by 江成直士 at 21:13| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

市・賀詞交換会に出席しました 

1月5日午前、市・新年賀詞交換会に出席しました。
会場のけやき会館は、動きがとれないほどの大盛会でした。議員として4回目、大勢の方々と新年の挨拶を交わすことができました。また、「今度は区ごとの選挙で大変だけど、頑張って」など、応援の声も頂きました。
 市長や来賓の挨拶は、政令市移行と「はやぶさ帰還」を取り上げたものが多く、昨年の出来事を、相模原の新しいステップに繋げる思いが伝わってきました。
 一方、景気の低迷、中央政治の混迷が続き、市民生活の課題も山積しています。
 私も、「子どもの笑顔」と「市民の安心」のために「市政に直言」する姿勢をしっかりもって、議員として「誠実・謙虚」に取り組む決意を、自ら再確認しました。
 今年も、支え合う人間の強さ・美しさを大切に、しっかり頑張りたいと思います。
posted by 江成直士 at 09:09| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

大晦日から元旦の諸行事に参加しました


年賀 001.jpg
年賀.jpg 明けましておめでとうございます。
 今年が、皆様が、明るい希望に向かうよい年になりますよう、お祈りします。
 大晦日の午後10時過ぎから、田名地区の神社やお寺を回り、元旦を迎える皆さんの様子伺いをしました。 先ずは、滝の宗佑寺、水郷田名の八幡さま、塩田の天地社、新宿の稲荷神社を回りました。除夜の鐘や初参りには早すぎて、世話役の方に挨拶するだけ、中には誰にも会えない所もありました。
 陽原(みなばら)の南光寺では、丁度、除夜の鐘のタイミングになり、40分ほど列に並んで、鐘をつかせてもらいました。
 境内には大勢の皆さんが集まり、挨拶を交わすことが出来ました。境内で昨年より少し大きめの福ダルマを買い求め、新年の願いを込めました。
 次は、地元・四ッ谷の石神社・初詣の行事に参加しました。新年の平安を祈る方々が訪れ、大変な賑わいでした。
 お参りを済ませた皆さんに、甘酒などを案内しながら、「おめでとうございます」と挨拶をしました。知り合いの方からは、「今年は選挙の年だね。応援してるよ、頑張って」などと激励を受けて、嬉しくなりました
 参拝の皆さんの行列が終わりに近づいた頃、もう一度、田名八幡宮に行き、初参りをしました。破魔矢も買って、新年の平安を祈りました。
 その後また四ッ谷に戻り、石神社・初詣の後片付けをお手伝いし、午前2時かられた四ッ谷自治会賀詞交換会に参加しました。自治会役員や神社世話役の皆さんと言葉を交わし、ご神酒も頂いて「日本で一番早い賀詞交換会」を楽しみました。
 4時過ぎに帰宅して一眠りした後、望地(もうち)の弁天さまにお参り、その足で相模川寒中水泳大会に参加しました。
 毎年、前日の準備や当日の運営をお手伝いしていますが、今年も好天に恵まれ、132名の入水参加者、大勢の観衆があって、年初の恒例行事を、盛大・無事に終えることが出来ました。これも恒例の水泳協会の新年会も、寒中水泳の反省会を兼ねて、楽しく参加しました。
 大晦日から元旦の諸行事の中で、地域の方々と会話し、経済不況や雇用不安の改善、政治が国民生活の安心に役割を果たすことなど強く求められました。
 私も、一期目の議員活動をしっかりとまとめ、市民の安心と希望の実現、特に教育・福祉の充実に向け、二期目の議員活動に、全力で挑戦したいと思います。
 今年も一層のご指導、ご支援を、お願い致します。(写真は田名八幡宮の初詣と寒中水泳大会の様子)

posted by 江成直士 at 18:02| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

寒中水泳大会の準備に参加しました 


TS3G0208.JPG 12月31日、明日の第50回相模川寒中水泳大会の準備作業に参加しました。市水泳協会の一員として、もう40年近く続く、私の大晦日の恒例の取り組みです。
 10時前、先ずは田名小に集まり、作業の段取りを確認してから、近くのTさん宅へ竹を頂きに伺います。Tさん方からの竹切りは、寒中水泳の始まりから続いているそうです。ご協力に深く感謝します。
 早速太い孟宗竹を切り出して、田名小まで担いで運びます。
 学校の図工室と校庭をお借りして、弓矢を作ったり船に乗せる大きな的を作ったり、テントなど明日の用具を揃えたり、作業を分担して取り組みます。(写真は、船に乗せる的づくりです。竹切りや骨組みは男性が行い、的を貼るのは、女性が頑張ります)。
 皆さん手慣れていますが、1年の最終日のボランティア作業で、正月の準備を残した方には、気の急く大変な一日だと思います。今年も1時過ぎに作業が終わり、明日の本番の確認をして解散しました。
 明日の元旦、寒中水泳を無事に運営して、新年を明るく健康にスタートしたいと思います
posted by 江成直士 at 21:28| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

通学路の危険交差点を視察しました


文ka 004.jpg
文ka 003.jpg 12月24日朝、国道129号線塩田原交差点の横断状況を視察しました。
 塩田原の交差点は交通量が非常に多く、道路幅も広いため、大人でも、信号を渡る時緊張する場所です。この信号と一旦停止の歩道を、塩田地区から夢の丘小に通学する小学生が300名近くが、毎朝通っています。
 地域の方から、通学危険箇所として指摘を受け、通行の様子を実地見分しました。信号交差点だけでなく、少し先の歩道に左折する一旦停止の歩道も、右左折する自動車が途切れなく走行しており、ここも、非常に危険箇所だと思いました。
  交通指導員の方が配置されていますが、全体を通して、子供たちの通行には、相当な危険箇所であることを実感しました。交通指導員さんの話では、雨天の日などは、さらに危険度が増すそうです。
 通学路の危険箇所は他にも数多くあります。子どもの安全のため、計画的に抜本的な対策が行われるよう求めていきたいと思います。(写真は、危険な塩田原の交差点)
posted by 江成直士 at 08:48| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

教育を語る会に出席しました。

 12月21日夕方、教育会館で開かれた「教育を語る会」に出席し、多忙化の問題やトイレ改修など環境整備の課題について、現場の教職員の皆さんと意見交換しました。
 午前中の一般質問、直前までの本会議で少し疲れていましたが、現場の皆さんと討議を深め、有意義な時間になりました。
 意見交換では、私は、長い間の現場経験と市議会議員の活動を交えて、自分の意見や思い、教育施策への提言を、精一杯述べました。
 その中で、学校現場出身・教育代表の議員の必要を、会場の皆さんと確認しました。激励の声を受けて、教職員と子ども、保護者の声を議会から行政に反映させるため、全力で頑張ること事を、表明しました。
 年末・学期末の超多忙な中、参集された皆さんに感謝したいと思います。

posted by 江成直士 at 21:29| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一般質問を行いました。

 12月21日、本会議の一般質問に登壇し、自然環境の保全・活用と学校教育の課題について、関係当局の見解を質しました。
 質問の第一は、八瀬川、道保川など旧市内小河川の水源・湧水の現況について問題提起しました。
 相模原・河岸段丘(崖=ハケ)沿いの湧水は、小河川の水源になり、人々の生活、歴史、文化の源になってきました。それが、流域途中の水流供給は未だある者の、都市開発の中で、水源を枯渇するような危機に瀕し、地下水をポンプで汲み上げ、水源に供給しています。上田名・堀ノ内んの大杉の池など往時の姿を縮めています。この実態を指摘し、「潤水都市」が「枯渇都市」にならないよう、最善の取組を求めました。
 二つめは、、小河川沿いの斜面林の保全管理と活用で、市街地隣接の貴重な緑地空間を近隣住民の散策路として整備し、緑の保全と活用を図るよう訴えました。
 関連して、相模川・田名地区の水辺の景観資源の活用、フィールドミュージアム構想の具体化、親水空間の整備、高田橋周辺広場の管理・整備などの課題を提起しました。
 三つめに、学校教育の課題を取り上げ、学校・教職員の多忙化解消、子どもの心のケアと保健室機能の充実、スクールソーシャルワーカーの配置、教職員独自採用と欠員の縮減などについて、質しました。
 多忙化の問題では、教育長の所見を切り口に、「教職員の元気=教育実践の充実=子どもの豊かな学び、成長=教育のやり甲斐・教職員の喜び」という繋がりを論じ、多忙化解消と具体的な施策展開を求めました。幾つかの課題で、前進的、積極的な答弁もあり、一応の目的は達しました。
 高校生(上溝高校)の傍聴もあり、いつもより緊張してミスしてしまいました。しかし質問の後、傍聴席に、大きく成長した教え子の姿を見つけ、手など振り合えて、嬉しく思いました。
  
posted by 江成直士 at 20:56| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

12月議会、一般討論の順番が決まりました。

 今日、12月議会一般質問の通告が締め切られ、順番が決まりました。全体で、25名の議員が質問するそうです。
 私は20番目、21日の多分午前中になると思います。「潤水都市さがみはら」の課題、河川沿いの自然環境の活用、学校教育の課題について、質問を通告しました。
 昨年12月議会で質問した「公契約条例」が、制定に向けて検討されています。今回も、子ども、市民のための施策の充実につながるよう頑張ります。
 傍聴、相模原市議会ホームページでのライブ試聴は、簡単にできます。是非、傍聴・視聴して、ご意見ご批正お寄せ下さい。

posted by 江成直士 at 18:17| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

色々な行事に参加しました


ドリル 002.jpg
ドリル 001.jpg 11月21日、田名健康まつりの後も、様々な行事に参加しました。
 市総合体育館で開かれた「第30回ドリル大会」は、第29回の大会で、市内14の鼓笛隊が出場し、日ごろの練習の成果を発表しました。
 開会式の後、早朝の健康まつりに続いて出場した田名鼓笛隊の皆さんなど出場チームを激励しました。限られた時間でしたが、ドリルフォーメーションと音楽演奏がマッチした力強い演技に感心しながら、また、指導者、関係者の皆さんに感謝しながら、ドリル大会を楽しませてもらいました。
 その後、並木三丁目自治会のお祭り、光が丘、陽光台両港民館の子ども祭、高根二丁目自治会の文化祭など参観しました。それぞれ、子どもたちや地域の方々の笑顔が輝いて和やかな様子に、私も嬉しくなりました。
 他には、市民文化祭の一環として、あじさい会館で開かれた吟剣詩舞大会も参観しました。
 色々な流派の発表を聴くだけでなく、詩吟教場の仲間に誘われて、グループの合吟に飛び入り出演しました。急でしたが、声の揃った合吟が出来てホッとしました。
 地域活動、文化活動を通した交流が、心が触れあい共助の広がる地域づくりにつながります。これからも健康・文化など地域諸活動を応援する市政でありたいと思いました。。(写真はドリル大会、吟剣詩舞大会の様子)

posted by 江成直士 at 07:11| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

渕っ子フェスタ、「母女の会」に参加しました  

 11月13日午前、淵野辺小のPTAイベント「渕っ子フェスタ」に参加しました。短い時間でしたが、懐かしい子どもたちや保護者の皆さんと交流が出来て、温かい「渕っ子汁」も頂いて、楽しい時間を過ごしました。
 定年退職から5年が過ぎ、当時の1年生が6年生になっていました。「あっ、校長先生だ」などと声を掛けてくれ子もいて、嬉しくなりました。
 10半からは、教育会館で開かれた湘北・母と女性教職員の会に参加しました。
 「母女の会」は、相模原市を含む湘北地域の母(保護者)と女性教職員が、「子どもたちに平和な未来を」という願いに向けて一緒に考え、学び合う集いで、今年43回目を迎えました。
 午前中は全体会に出て、久郷・ポンナレットさんの講演を聴きました。
 ポンナレットさんは、少女期、ポルポト政権下の暴政の下で、10人家族中、父母きょうだい6人を次々失うなど、飢餓と絶望の淵に立たされた経験を話されました。
 世界には生きるために命をかける子どもたちがいる現実を知り、「平和は当たり前ではない」「平和を実現するためには努力が必要だ」との訴えを、私なりに受け止めました。日本に来てからの16歳での小学校入学以来のご苦労も伺い、難民の受け入れや定住に付いての課題も、再認識しました。日本で素敵な家族を得、平和を喜び、平和を求めるポンナレットさんの姿に、私もホッとして、心癒される思いもしました。
 午後は、産業会館で行われた「子どもの健康と安全」分科会に協力者として参加しました。鳶尾小と串川小のレポートをもとに、健康な生活習慣をどう培うか、子どもの交通安全・見守り隊・挨拶運動など地域連携をどう進めるかなど、意見交換を進めました。
 私も、グループ討議で自分の経験や考えを発表しました。最後のまとめでは講評では、二人の発表者の落ち着いた報告と積極的な取り組みを評価しました。また学校教育に次々と懸かる課題と不足する条件整備などの問題を指摘し、家庭・学校・地域の連携の大切さを述べました。
 保護者、教職員の皆さんから様々な意見、課題提起を、今後の政策提案に活かしたいと思います。
 
posted by 江成直士 at 04:56| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。