2014年05月09日

文教委員会などに出席

 5月8日午前、文教委員会に出席、いじめ防止対策の取組状況について、質疑を行いました。
 市教委及び各小中学校は、この四月から、国のいじめ防災対策推進法等に定められた基本方針を策定し、いじめのない学校づくりの取組をスタートしています。文教委員会では、市教委の取組や小中学校4校を例示した学校基本方針が報告されました。
 私は、各学校や市教委の基本方針の内容、いじめの未然防止、早期発見、学校組織対応、家庭・地域との連携など、多岐に亘る取組を評価すると共に、教委には学校現場の支援、環境整備の充実を求めました。学校基本方針では、子どもたちの居場所感、自己有用感の大切さ、そのための授業改善や一人一人に向き合ったきめ細かな支援・指導、子どもたちの自主的・主体的な活動の推進、家庭・地域との協働などが打ち出され、子どもたちの学びと育ちが広がる学校づくりが目指されています。今後も、絶えざる実践・検証、他校との経験交流を重ね、いじめのない安全安心の学校づくりを推進しなければならないと思います。
 私も、子どもたちの主体的・自主的な取組と心豊かな成長、それを支える学校現場の教育活動を応援し、学校環境の一層の整備充実を目指して、議会活動に邁進します。

 同日午後は、議会基本条例に関する議員説明会に出席しました。議会の任務遂行、活性化などに向けた基本条項を定めるため、特別委員会で一年有余の間、熱心な検討協議行われ、このほど成案がまとまった訳です。
 私は、議会基本条例制定の意義は踏まえつつ、特に、陳情・請願における提出者の趣旨説明、意見表明の機会について質疑しました。条例案では、「議会が必要とする時に聞く」という事になっており、陳情・請願者の希望や願いを保障する条項になっていませんでした。一方で「開かれた議会」を謳いながら、市民参加いや意見表明の機会を充実しないんでは、論理矛盾も生じます。前から感じていることですが、論理や道理を軸にして議論を深め集約する様な議会文化の大切さを、痛感したところです。
 憲法16条に規定された請願権を保障し、市民の政治参加、開かれ議会を推進する視点に立って、陳情・請願者(市民)の目線に立って再検討する必要があると思います。
posted by 江成直士 at 10:49| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月30日

9月議会が終わりました

@、9月30日、本会議が開かれ、議案採決が行われました。8月26日に始まった9月議会も今日で終了で、一区切りがついて、少しホッとしたところです。今回は一般質問の番で、26日の午後質問に立ちました。
 今回のテーマは3点で、1)政令市への教職員給与費負担・学級編制基準の移譲、2)多文化共生のまちづくり、3)外国籍・外国につながる子どもたちの教育保障につて課題を掘り起こし、市の取組を質しました。
1)につては、3月に基本方針が閣議決定されており、今後、国・県・政令市の協議が進められます。相模原市の教育環境整備、財政運営に大きな影響をもたらすだけに、今後もよりよいさがみはら教育の推進を目指して、動向を注視し、積極的に問題提起していきたいと思います。2)と3)は、外国人市民・外国につながる子どもたち、だれもが安心して暮らし、夢や希望を育てながら学ぶ、共生・共育の地域社会を実現する課題です。弱い者の立場に立って、必要な支援や環境整備が行き届くよう、今後も取り組みたいと思います。
A、その他の活動
☆9/13=一般質問通告、以降、一般質問のテーマに沿って、資料収集や課題の掘り下げ、質問事項の整理などに取り組みました。☆9/24〜決算特別委員会に出席、各常任委員会の所管の決算審査の結果が、各委員長から報告されました。いずれも賛成多数で決算が認定されました。
☆9/25〜27=本会議に出席し、各議員の一般質問を聴きました。多様な問題提起、鋭い掘り下げなど学ぶことがたくさんありました。
☆9月28日〜田名北小、田名小、新宿小、淵野辺小の運動会を参観しました。子どもたちの輝く笑顔が素敵でした。午後、藤井裕久さんの叙勲祝賀会に参加。「平和こそ全ての礎」とのお話に感銘しました。
☆9/29=田名中学校の体育祭を参観。四谷自治会の防災訓練に参加。田名中生徒の若いエネルギーに声援を送りました。役員、消防署員等の尽力に感謝しながら、起震車、消火器、救命活動などを体験しました。せっかくの準備でしたが、参加者があまり多くなく、残念に思いました。いつか必ず起きる地震に備え、防災意識・亡妻体制を一層高めなければならないと思いました。
☆9/30=本会議最終日。決算討論の教育部分を、起案しました。3人の少数会派ですが、採決にも最大限の存在感を示しました。
posted by 江成直士 at 21:11| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

文教委員会に出席しました

@ 9月12日、文教常任委員会・同決算分科会に出席しました。常任委員会は、新設される岩本育英奨学基金条例と補正予算が議題となり、それぞれについて質疑を行いました。岩本奨学基金は、故・岩本信行氏(本市出身の行元衆議院副議長)の遺徳を顕彰して設置されていた岩本育英財団の残余財産を引き継いで運営される奨学金事業です。経済的な事情を抱える高校生を支援する事業として評価し、運営方法や継続発展の考え方について質問しました。補正予算は、グリーンプールの記録計測機器の交換経費が対象で、交換の理由や規模などを明らかにしました。
 24年度決算については、決算特別委員会の文教分科会として行われました。おおむね1時間の質疑時間をめいっぱい使い、学校教育の諸課題について質問を行い、施策課題・問題提起を行いました。特に普通教室のエアコン設置について、強く求めました。
 夏季の異常なほどの高温気象が通常化した昨今、子どもたちが集中して学習に取り組む教育環境として、普通教室のエアコン設置は不可欠です。このため、エアコンの既設置校と未設置校の学習状況の違いや近隣自治体の整備状況、校長会等現場からの強い要望などを論点として、普通教室へのエアコン設置を主張しました。確答を得るには至りませんでしたが、エアコン整備に向けた支援を進めることが出来ました。そのほか、いじめ防止対策推進法や子どもの貧困対策法などへの対応、取り組み課題についても質しました。
 その他、教員の定数欠員・免許外担任の解消や中学校給食の拡充、支援教育の充実、公民館、図書館、博物館、文化財保護にかかわる諸課題など、たくさんの質問事項を準備しましたが、時間切れのため、直接の主張展開が出来なかったものも少なくありませんでした。今後の様々な機会を通じ課題解決に取り組んでいきたいと思います。
決算審査終了後、文教部会が行われ、「いじめ防止条例」について委員間の意見交換をしました。今年度の研究・取り組み課題として議論してきたもので、制定に向け積極意見、慎重意見、それぞれ率直な意見交換が行われました。国のいじめ防止対策推進法が施行される中、屋上屋の条例にならないこと、いじめの防止・早期の気づきと対応、子どもへのきめ細かな対応などを可能とする、そして子どもの人権が尊重され居場所感のある教育環境の整備、安易な厳罰措置ではなく、子どもの人権や主体性・自主性を軸においた対策・対処が絶対必要だと思います。この視点を大切にしながら、今後の議論に積極的に参加していきたいと思いま。
A その他の活動記録
☆9/3〜4=本会議に出席し、代表質問を聞き取りました。我が会派は金子議員が代表質問に立ち、市民目線にたって、財政問題道路インフラの老朽化問題、反核平和の取り組みなどで論点を設定し、積極的な議論を展開しました。質疑事項について会派で論点検討も行い、共同で取り組んだ達成感を実感することが出来ました。
☆9/3=障害者福祉団体連絡協議会25周年記念の映画・シンポジウムの集会に参加しました。地震等災害時の障がい者避難活動、支援活動のあり方について多く学びました。市議会議員の参加は、私も含め4名。少し残念に思いました。
☆9/6〜11=総務委員会をはじめ、書く常任委員会・決算分科会の審査・議論を庁内テレビ放映で視聴しました。各分野の課題、各議員の主張など、学ぶことが多く勉強になりました。総務委員会で、神奈川県に公契約条例の制定を求める陳情が採択されなかったことは、非常に残念でした。本市が全国三例目の公契約条例を制定施行していますが、その条例を圧倒的多数で議決した経緯から、強い違和感を覚えます。公契約条例に具現化しようとした公共事業における良質なサービス・品質の確保、働く人の賃金等安全安心、誇りの持てる労働環境、ワーキングプアの防止などの理念は、県においては必要ないというのでしょうか。陳情採択に反対した議員の論理は、私には理解が及びません。議論のあり方としても相互批判、検証が必要だと思いました。
posted by 江成直士 at 12:30| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

総合防災訓練を参観しました

@、9月1日、相模補給廠で行われた総合防災訓練を参観しました。市民参観者を含め5000人が参加し、M6.9の直下型地震を想定して、集団避難行動、道路啓開、情報伝達、救援物資搬送、負傷者救助など様々な訓練が展開されました。厳しい暑さでしたが、救難救助車両や重機、ヘリコプターも投入された大がかりな訓練を参観し、消防職員、警察官などの見事な救難救助活動を実見し、日頃の鍛錬、訓練の成果を頼もし感じました。関東大震災から90年、東日本大震災などの教訓に学びながら、行政も、市民も地域も、しっかり連携して、災減災の取り組みを一層強化しなければならないと思います。
 午後、田名八幡宮の例大祭に参列し、自治会長の皆さんや神社総代の方々と、地域の平安を祈りました。
 夕方、急逝された落合芳平議員の通夜祭に参列、温和なお人柄を偲びご冥福をお祈りしました。
A、この間の活動記録
7/28=相模ダム殉難者追悼会〜多くの犠牲の下に相模湖ダムが完成し、県民がその恩恵を受けています。戦争・植民地支配の犠牲となった朝鮮・中国の方々、動員された日本の労働者にも思いを馳ながら平和の誓いも込めて慰霊の祈りを捧げました。7/30=新採用教職員歓迎懇親会に参加、若い力への期待と激励の挨拶をしました。新採教職員の中にはかつての教え子の姿もあって、一層嬉しくなりました。7/31=午前、基地対策市民協議会総会に出席。午後、町田市議員交流会で緑区合同庁舎や、アートラボ橋本、小山スポーツ公園を共同視察しました。本市の良さも再発見しました(懇親会は都合により欠席)。8/2=教育研究発会に参加。記念講演・分科会を通じて教育の大切さを再確認しました。多忙な教育現場で、熱心な研究・実践活動を積み重ねた皆さんに感服しました。その成果を、積極的に生かせるよう、少しでもお手伝いしたいと思いました。8/6=相模原地域連合政策懇談会〜地域連合役員の皆さんと、市への制度・政策要求課題について意見交流を行いました。勤労市民、生活者、子どもや保護者、社会的弱者の視点から、制度政策の充実を求めていきたいと思います。8/9日=橋本七夕祭り開会式に参加、地域の一層の活性化やつながりをともに願いました。通りの七夕飾りを見た後、例年通りK氏宅のビル屋上で、教員OBの旧友や現役教職員の皆さんと懇談。涼風とビールを楽しみながら懐旧談や教育論議で盛り上がりました。8/10=田名平和の献花式・ふるさとまつり〜地域戦没者の慰霊の献花を行いました。地域の皆さんと盆踊りを楽しみ交流を深めました。びしょ濡れの汗で、あとかたづけのお手伝いができました。8/12=湘北教組推薦議員団意見交換会。教育条件整備の課題について意見交流しました。8/22=湘北地区教育研究集会〜記念講演・分科会に参加しました。教育環境整備の課題について共同研究を深めることが出来ました。8/24=相模川花火大会〜地域の方々と懇親を深めながら光と色彩と音の饗宴を堪能しました。25日午前は、小雨の降る中、会場後片付けをお手伝いしました。地域の方々、実行委員の皆さんのご苦労に改めて感謝しました。一部の人が、ゴミを散らかしたままなのは残念です。8/26=9月議会本会議〜初日の提案が行われました。決算審査など、しっかり取り組みたいと思います。代表質問に向け、会派の学習を深めました。8/31=かな政連(かながわ民主教育政治連盟)の政策懇談会。情報交換・意見交流の成果を今後の議会活動に活かしたいと思います。
posted by 江成直士 at 20:09| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

原水爆禁止・平和行進に参加しました

@、7月24日、原水爆禁止・相模原平和行進に参加しました。
 この行進は、毎年7月の下旬に全国・県内の各地域の取組と連携して取り組まれ、8月の原水禁大会・世界的な反核平和運動につながっていく取組です。今年も原爆被災者の会や厚木基地爆音防止期成同盟などの市民団体、労働組合、社民党から約200名の参加がありました。市役所前広場で行われた出発セレモニーでは、参加団体から反核・平和に向けた決意や挨拶が述べられ、また非核兵器平和都市宣言を行っている相模原市からは、加山市長の激励メッセージが寄せられました。
 市役所を出発した後は、消防署前、相模原駅、補給廠西門、淵野辺駅のコースでデモ行進を進め、原水爆禁止、脱原発、市内基地撤去、平和憲法擁護などのシュプレヒコールで、反核・平和を訴えました。
 自民党が、昨年末の衆院選に続き先日の参院選でも大勝し、平和憲法の改定、自衛隊の国防軍移行、集団的自衛権行使など、「戦争のできる国・戦争をする国」への準備が進められようとしています。これからも、粘り強く反核・平和を訴えていきたいと思います。
A、7月21は、参議院通常選挙の投開票が行われました。私は特定政党に所属しない地方議員ですが、平和、憲法、環境、脱原発、社会保障、税制、国民生活、教育などを重視する立場から、一定の支援活動を行いました。特に比例代表選挙では、同じ教育現場出身の神本みえ子さんの当選を目指し、精一杯の取組を行いました。結果は、17万6千余票の個人票を得て、3期目の当選を果たすことができました。今後、神本さんの議員活動を見守りご協力頂いた友人・知人・先輩、多くの市民の負託・期待の声を伝えて行きたいと思います。
 参院選は、自民党の大勝という結果になり、今後の政治の方向が気になります。国民誰もが安心して働き、暮らせる社会、子どもたちの豊かな成長と平和な未来を目指して、粘り強く活動したいと思います。
B、主な活動・・・・・
7/2〜防災特別委員会、7/3〜大都市制度特別委員会、さがみ縦貫道路・津久井広域道を促進議連総会、7/4〜神本えみ子演説会、7/6〜自治会大会、7/16〜市議会広報部会、7/18〜公共交通整備促進協議会、7/20〜相模原稲門会、7/21〜岳風会詩吟温習会、7/4−21〜参院選支援活動、7/24〜平和行進、7/13、14、20、21〜田名地区各自治会等の夏祭り、盆踊り
posted by 江成直士 at 11:22| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

6月議会が閉会しました

 6月議会が、6月28日に閉会しました。今議会では代表質問に立ち、澤井トンネル補強工事、動物愛護条例、指定NPO条例などの議案の他、市政の一般課題として、職員給与問題と教職員のメンタルヘルス対策について質問しました。
澤井トンネル工事では、拡幅等抜本対策の展望、安全点検調査・緊急工事と補正予算による対応の問題点を質しました。教職員メンタルヘルス対策では、学校の多忙化の解消や複雑困難な教育課題への支援施策などを求めました。職員給与問題は、政府が地方交付税交付金の減額によって職員給与の削減を強制したことは、地方自治の原理を否定し、職員の生活不安を招き、市民サービスの低下や地域経済へのマイナス波及につながること、その他多くの問題点を論点として市の対応を質しました。当局からは、職員への最大限の配慮、職員組合との真摯な交渉、地方自治の本旨に基づく国への申し入れなどについは、一定の回答を得ました。この問題は労使交渉を経て般職の減額幅を縮小した条例がまとまり、特別職の給与減額も含めて、28日の本会議で可決しました。私たち市民連合は、真摯な労使交渉の労は多としながらも、地方自治原則、職員の生活擁護、地方経済マイナス波及の回避、国への強い抗議の必要などを挙げて反対の態度を貫きました。この問題は、本市の財源の振り分けにつながることから、職員の給与削減が議決された以上、「痛みの分かち合い=政府暴挙への怒りの共有」という視点から、議会としても何らかの対応措置を検討すべきだと思います。
 その他の主な活動
5/31=田名公共交通整備促進協議会総会、6/1=湘北退職教職員の会総会、6/2=相模川クリーン作戦、田名財産管理委員会総会、6/7、10=市議会本会議(10日は代表質問に登壇)、6/11〜14=各常任委員会傍聴、6/17=文教部会出席、6/20=木村えい子さん事務所開き、6/22=神教組OB会総会、かな政連総会、6/24=議運委員会代理出席、6/25〜27=本会議一般質問(25、26日は義兄の葬儀のため欠席)、6/28=本会議(採決)
posted by 江成直士 at 09:05| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

二期目、後半の議員活動を頑張ります

@、 5月21日、臨時議会があり、相模原市議として二期目の折り返し点スタートしました。今期も、引き続き、文教常任委員会、防災特別委員会、大都市制度に関する特別委員会に所属することになりました。いずれも、市民生活や子ども達の成長、地域社会の未来に関わる大きな課題を抱えています。これまでの経験を生かし、しっかり取り組んでいきたいと思います。
A、臨時議会では、市長専決処分の「反訴の提起」について質疑を行いました。この事件は、開発行為に伴う道路敷地について、市に使用料や慰謝料の支払いを求める「本訴」(市内居住の方が本市を訴えたもの)に対して、本市が所有権の確認と移転登記手続きを求めて「反訴」の対応をとったものです。都市計画法の規定によって、宅地開発に伴う公共施設(道路)として、昭和47年から道路敷地となっていた訳ですが、移転登記が行われなかったために、当該箇所の所有権が紛争になった訳です。私は、その経緯を質し、公共施設の市民の安定使用の観点から、類似の問題の実態調査、計画的処理を求めました。
B、この臨時議会では、正副議長ほか、議会の役割分担の改選等が行われました。今回も、議運委員会を重ね、会派間の調整が長時間をかけて行われました。我が市民連合は役職ポストに執着しませんでしたが、相当な綱引きがあったようです。数の力を否定することはできませんが、それだけでいいのか、という問いは、常に残ります。市民への説明責任として、公平公正な議会運営をさらに追求していく必要があると思います。
C、この間、「憲法」についての議論が様々なされてきました。改憲を主張する安倍政権が誕生し、それに歩調を合わせる日本維新の会などの勢力が台頭する政治状況が反映していると思います。96条の改正発議要件を緩和する動きなどには、立憲主義の立場から厳しい批判が行われています。私も、教師としての人生を通じて「教え子を再び戦場に送らない」との思いを、多くの仲間と共有してきました。戦争の惨禍から生み出した「国民主権、基本的人権の尊重、戦争放棄・平和主義」の大原則は、決して変えてはならないと思います。この立場から、国民のための、そして子ども達の明るい未来を築くための憲法を擁護し、その理念の実現を目指していきたいと思います。
D、自民党の政権復活と高支持率、民主党の低迷とみんなの党や日本維新の台頭等の中で、中央の政治状況が流動し、様々な離合集散がみられます。またその動きが地方の政治状況にも反映しているようです。離合集散は政治の常かもしれませんが、理念を欠き、保身や打算、背信に走るようなことがあってはならないと思います。「民 信なくば立たず」。一地方議員として、心に刻みたいと思います。
E、その他、活動記録等。
4/19〜会派代表者会議(代理出席)。4/20〜田名自治会連合会総会、同交通安全母の会総会、湘北教組新旧合同執行委員会、職校長会総会。4/22〜議員研修(自殺対策)、中央飲食店組合総会、4/23〜大都市特別委員会。4/25・26〜湘北教組定期大会。4/27〜相模原地域メーデー、4/27・28〜湘北教組合同学習会。4/28相模川鯉のぼり上げ作業。4/29相模川泳げ鯉のぼり開幕式典。5/2〜議員学習会(議会基本条例)。5/3〜憲法を考える県民集会、学習会。5/6相模川鯉のぼり下げ作業5/9・10〜政令市議会議員政策研究会(熊本)。5/17〜湘北教組女性部総会。5/18〜相模原市職員労働組合退職者会、社民党相模原支部大会。5/21〜臨時議会、湘北教組養護教員部総会。連合神奈川無所属議員の会。5/22〜田名社会福祉協議会総会、相模原地域連合・労働者福祉協議会総会。5/23〜湘北教組栄養教職員部総会、相模原地域連合駅頭活動(橋本)5/24〜丹沢大山鳥獣対策議連総会(伊勢原)、田名安全安心まちづくり総会、同防犯協会総会。
posted by 江成直士 at 09:50| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

教育委員会のあり方は?

 安倍政権の「教育再生実行会議」から、教育委員会改革につて提言がされました。首長による教育長の任免、教育長への権限を集中、教育委員会による教育長のチェックなどが盛り込まれ、今後、中央教育審議会に具体的な制度等のあり方が諮問され、来年の国会で法の整備を行う予定だそうです。
 教育委員会のあり方については、これまで一般質問等で何度も取り上げ、その活性化やよりす主体的な教育予算・施策の推進を求めてきました。現行の教育委員会制度では、教育委員が非常勤の職に置かれたり、合議制の教育委員会及びその長である教育委員長と、教育委員の一員であり教育委員会事務局の長である教育長において、その権限・責任が曖昧になっている点など課題を抱えています。しかし、戦前の国家統制、軍国主義教育の反省に立って、レイマンコントロールの理念の基に教育の政治的中立、国民教育権の確立、教育行政の民主的運営など推進ししてきた役割を失うのは問題です。日本の教育を考える10人委員会は、合議制の教育委員会が持つべき役割として、教育行政の指揮監督、市民目線に立ったオンブズマン機能、当該自治体の教育方針・施策の検討決定の三つを挙げています。これらの役割を果すためには、首長の独断専行や教育の政治利用を許さない制度設計が必要だと思います。今後の動向をしっかりと見守りながら、子どもの未来と平和、教育の国民主権を求めて取り組みたいと思います。
◎その他の活動〜4/9=広報部会・市議会だよりの編集、退職公務員連盟総会出席、4/10=相模原地域連合駅頭活動・相模大野駅頭で安心して働き暮らせる社会構築の呼びかけ、4/13=田名地区連合婦人会総会・懇親会出席、4/14=鎌倉市議選・竹田ゆかり候補激励、4/16=桜美林大学国際学生寮視察、4/17=議会改革検討会出席・議会改革課題を一年間検討し、最後のまとめ。今後の議会基本条例の検討制定に期待。
posted by 江成直士 at 10:58| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

新年度がスタートしました

 爛漫の春を迎え、2013年度がスタートしました。4人の孫たちも1年ずつ進級し、「2年生になったよ」とか「年長さんになって係の仕事を刷るんだ」とか「今度は年中のさくら組」とか「ペンギン組になったよ」など、チョッと自慢げに成長の喜びを表す様子が、可愛くもあり嬉しくもあり、有り難くもある新学期です。教職員の人事も公表され、友人知人が、新しく校長さんや教頭になったり、異動したり、それぞれの健康・活躍を祈念する新学期でもあります。
 そうした新学期の4月5日、午前中は田名北小学校、午後は田名中学校の入学式に出席しました。小・中問わず、どの子どもにも、新しい希望が、保護者・ご家族に成長への期待が、そして学校教職員には教育活動への決意が漲っているように見え、実り豊かな学校生活を祈りながら、そのための教育環境整備を目指す議会活動に精一杯取り組もうと思いました。
 政治状況では、安倍内閣のロケットスタートに沸いていますが、アベノミクスが本当に成功するのかどうか、参議院選後の展開はどうなるのか、大いに気がかりです。特に、憲法を巡る状況は、大変心配です。日本維新の会が、その綱領で、現行憲法を「日本を孤立と軽蔑の対象に貶め、絶対平和という共同幻想を押し付けた元凶」と全面否定し、自民党も含めた2/3の改憲議席確保を打ち出したことは、看過できません。平和憲法をここまで否定し、戦後の平和や民主主義、人々の生活や権利はどう位置付くのでしょう。極めて危険だと思います。平和無くして、人権も、自由も、民主主義も、子どもたちの未来もありません。憲法は平和の砦。何としても平和憲法を守り抜き、実現して行かなければならないと思います。
<その他の活動>4/6〜さくらまつり参観、神教組OB会花見の会に参加。4/7〜さくらまつり散策。水郷田名自治会、四ッ谷自治会の総会に出席。挨拶で地域活動への感謝・敬意を述べ、役員の皆さんの活躍・健勝を祈念しました。

posted by 江成直士 at 16:35| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

3月議会が終わりました

 3月中下旬、議会の取組が続き、あっという間に年度末を迎えました。この間、議会では一般質問、討論採決が行われ、22日に閉会しました。私は、22日の最終日、会派・市民連合を代表して、25年度一般会計予算に対し、賛成討論を行いました。これまで、政令市関係予算に係る様々な問題を指摘し、反対討論を行う事がありましたが、県債償還金の肩代わり等の論点が決着(残念ながら、私達の主張は受け入れられませんでしたが)したことから、是々非々の立場を堅持しながら政令市としてのよりよい市政運営を求めていく事としました。25年度予算に突いては、総合的に判断した結果、会派として賛成の立場に立つことになりました。
 私の討論は、歳入・歳出及び主要施策の評価・課題について広汎に論述しました。素案の段階より論点を幾つか少なくし、10分ほどスリムになりましたが、約30分に及ぶ最長討論になりました。後半は少し早口になってしまいましたが、課題指摘は十分に出来たと、ホッとしました。今後も、二元代表制の議員の役割をしっかりと踏まえ、議会活動に邁進していきたいと思います。
<この間の主な活動>3/15〜相模大野駅西側再開発地bonoまち開き=ユニコムプラザさがみはら(市民・大学交流センター)開所式に出席。市民・大学の交流、連携による新たな地域活動・市民活動の拠点としてスタートしました。多額の財源を投入した施設です。十分にチェックしながら、市民利益にかなうよう見守っていきます。3/16〜麻溝競技場でSC相模原の試合を観戦・応援。応援議連の仲間と声援を送るも、残念ながら敗戦。次回に期待。3/18,19,21〜本会議、一般質問、様々な問題提起に学ぶことが多かった。3/20〜さがみ岳風会創立45周年記念吟詠大会に参加。仲間と共に「芳野」を合吟。懇親会にも参加。3/22〜本会議、討論・採決。賛成討論を行う。3/22〜湘北教組新旧合同執行委員会で、挨拶。夜、後藤祐一衆議院議員春の会(愛川町)に出席。高校同窓生や恩師、知人も多く、楽しく歓談できた。3/26〜湘北教組書記の陳内さん、西川さんの定年退職を祝う会に出席。
posted by 江成直士 at 18:28| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

さよなら原発集会に参加しました            

脱原発 003.jpg
(明治公園を埋めた脱原発集会)
@、3月9日、「3.9つながろうフクシマ!さよなら原発大行動」の集会に参加しました。会場の東京明治公園には1.5万人の人々が集まり、また集会後はデモ行進で、脱原発・再稼働反対を訴えました。集会は、司会の女優・木内みどりさんのコーディネートで進み、大江健三郎さんをはじめ呼びかけ人の皆さんや韓国の反原発運動団体代表、被災避難者のお母さんなどが、思いを込めたスピーチを行いました。また、820万7,112人の書名集約が発表され、一千万人署名の達成に向けて更なる行動展開を確認しました。3.11大震災に続く福島第一原発の爆発事故から丸2年、安倍・自民党政権は、安全神話に埋没した姿勢そのままに、原発推進の姿勢を露わにしています。フクシマの原発被災者に思いを繋げ、脱原発・再稼働反対の行動を、一人一人粘り強く取り組んで、未来への責任を果たさなければならないと思います。
A、3月8日、文教委員会に出席し25年度予算案などを審議しました。補正予算による校舎大規模改修、本予算による支援教育支援員全校配置、いじめ等問題対策など、昨年を上回る予算規模で前向きな施策が組まれている一方、教育の内容充実に関わる課題では理念に逆行する削減が行われるなど、問題点もあります。私は具体的な教育課題を取り上げ、約1時間に亘って質疑を行いましたが、時間不足で、用意した質問事項を残す事になってしまいました。今後のと入り組みの中で、問題解決、教育予算の充実を目指したいと思います。
B、その他の活動=3/2〜神教組役員OB会設立20周年記念行事参加。3/3〜横山公民館まつり参加、詩吟の仲間と武田節を合吟。3/4~7〜各常任委員会をテレビ視聴。3/10〜相模大野西側再開発事業・bono相模大野竣工記念祝賀会出席
posted by 江成直士 at 17:41| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

ブログを再開しました。

 パソコン不調のため、活動報告を休止していましたが、ようやく点検が終わり、再会します。この間の活動暦を整理・記録します。
◎2月/1日=議会改革検討会、2日=社民党相模原支部新春の集い、3日=さがみ岳風会初吟会・厚高110周年記念オペラコンサート、6日=日政連地方議員団会議、7〜9日=会派(市民連合)行政視察−長崎市・佐世保市・伊万里市、10日=リニア学習会、11日=サーラ祭り・図書館まつり、12日=下水道公営企業会計説明会・退職女性教職員の会福祉政策学習会、13日=3月議会会派議案検討会、14日=文教委員会(いじめ問題審査)、16日=退職校長会叙勲祝賀会(雨宮先生・小野先生)、17日=市観光協会設立記念式典、18日=代表質問会派検討会、19日=3月議会本会議(提案他)、20日=文教委員会(補正予算審査)、21日=政務調査費経理担当者会義、22日=湘北教組中央委員会(挨拶)、27日=長友県議新春の集い、27日=本会議(代表質問)、28日=本会議(代表質問)・全員協議会
◎1月(7日の市賀詞交歓会以降)/8日=市建設団体連絡協議会賀詞交歓会、9日=神教組旗開き、10日=学校訪問、11日=政務活動費検討会議・湘北分会長会議・新春のつどい、12日=小山荘雪さん書展・田名連合婦人会賀詞交歓会、13日=市出初め式、14日=市はたちの集い、15日=大都市制度特別委員会・サーラ議員意見交換会、16日=市職労新春のつどい、17日=キャンプ座間視察、19日=相模原稲門会新年会、21日=地域連合街頭行動(相模原駅)、22〜23日=大都市制度特別委員会視察(札幌)、25日=政務活動費検討会議、27日=吟剣詩舞市連初吟会、28日=県央八市議員研修会(厚木)、31日=大都市制度特別委員会
posted by 江成直士 at 16:14| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

的祭(まとまち)など地域行事に参加しました

的祭 001.jpg 的祭 005.jpg今年も、新春恒例の地域行事などに参加しました。お陰様で、穏やかで楽しいお正月を過ごすことが出来ました。
@5日〜田名地区自治会連合会の賀詞交歓会に出席しました。単位自治会や地域活動団体の代表など、大勢の皆さんが参加し、盛大で和やかな賀詞交歓会になりました。地域活動で活躍される役員の方やOBの皆さんと歓談・交流しながら、安全安心・支え合いの地域づくりに向けて、共有の思いを確かめることが出来ました。これからも、地域生活に直結した問題に、積極的に取り組みたいと思います。
A6日午前〜子どもたちの書き初め大会を参観しました。書家の野頭荘雲先生門下の皆さんが、あじさい会館に集まって筆を振るう新春恒例の催しで、一心に筆を運ぶ子どもたちの真剣な姿に、感心しました。
B6日午後〜田名八幡宮の「的祭」(まとまち)の神事に参加しました。的祭は田名八幡宮に古くから伝わり(土地では鎌倉時代に起源すると言われています)、市の無形民俗文化財に指定されている、お正月の伝統行事です。今年は、陽原(みなばら)地区から三〜五歳の男児とそのお父さん四組が選ばれ、的の射手になりました。射手の子どもたちも、凛々しい姿で、寒さに負けず長時間頑張り抜きました。奉射(矢の的中具合で、その年の平安、豊凶を占う)も好的中で、平安・豊作の一年を期待できるようです。神社総代長さんの言うように、「みんな元気で仲良く頑張り」良い年にしたいと思いました。
C7日〜市賀詞交換会に出席しました。例年以上の多数の方々が集い、盛大な賀詞交歓会になりました。市長・議長・来賓から、市の発展・拡充についの決意や期待が述べられました。私も市民の安全・安心、福祉の増進、そして教育・文化の振興に向けて、一生懸命取り組む決意を深めながら、歓談・交流を深める事が出来ました。(写真は、的祭と書き初め大会の様子)

posted by 江成直士 at 20:31| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

寒中水泳、獅子舞、穏やかな年明けになりました

獅子舞 001.jpg 獅子舞 003.jpg 明けましておめでとうございます。2013年(平成25年)が、皆様にとって、明るいよい年になりますよう、お祈りします。
 今年も年明けは、地元・四ッ谷の石神社・初詣でした。恒例の地域行事で、1年の平安を祈る方々で、大変な賑わいでした。お参りを済ませた皆さんに甘酒や祝い酒を勧めながら、「おめでとうございます」「今年もよろしく」など挨拶を交わし、平安のお正月を迎えることができました。1時半ころから初詣の後片付けをお手伝いし、午前2時から開かれ四ッ谷自治会賀詞交換会に参加し、自治会役員や神社世話役の皆さんと「日本で一番早い賀詞交換会」を楽しみました。
 3時過ぎに帰宅して一眠りした後、田名八幡宮にお参り、その足で相模川寒中水泳大会に参加しました。
 昨日の準備に続いて本番も好天に恵まれ、150名の入水参加者、大勢の観衆があって、今年も、年初の恒例行事を、盛大・無事に終えることが出来ました。
 2日は、地域の賑わいづくりに活躍している田名若者神輿連合会(田名若連)の訪問を受け、新年祝いの獅子舞
を披露してもらいました。家族みんなで軽快な獅子舞を観て、正月気分を満喫しました。
 穏やかな年明けではありましたが、経済不況や雇用不安の改善、国民生活の安定、平和の確立など課題は山積しています。私も、市民の安心と希望の実現、特に教育・福祉の充実に向け、この1年も、議員活動に全力投球していきたいと思います。(写真は、寒中水泳と田名若連の獅子舞)






























 今年も一層のご指導、ご支援を、お願い致します。(写真は田名八幡宮の初詣と寒中水泳大会の様子)

2012年(平成24年)がスタートしました。大震災からの復興、原発事故の克服、雇用や社会保障の確保、財政の確立、・・・・課題山積の年明けですが、明るい希望に向かうよい年になりますよう、みんなで力を合わせて頑張りたいと思います。
 大晦日は、田名地区の神社やお寺を回り、除夜の鐘をついたり初参りをしたり、ゆく年くる年の地域行事に参加しました。いをしました。 
 地元・四ッ谷の石神社では、初参りの恒例行事があり、お参りを済ませた皆さんに挨拶をさせて頂きました。のはに行き、初参りをしました。破魔矢も買って、新年の平安を祈りました。
 石神社・初詣の後片付け後、午前2時過ぎから、四ッ谷自治会賀詞交換会に参加しました。今年も、自治会役員や神社世話役の皆さんと「日本で一番早い賀詞交換会」を楽しみました。
 元旦の午前中は、寒中水泳大会の準備、運営に参加しました。
 12時過ぎから始まった寒中水泳大会は、147名の入水参加者、大勢の観衆があって、今年も盛大・無事に終えることが出来ました。後片付け後の水泳協会新年会も、寒中水泳の反省会を兼ねて、楽しく参加させてもらいました。
 二期目の議員活動最初の大晦日と元旦、お陰様で、例年のように元気に過ごすことが出来ました。今年も、市民の安心と希望の実現、特に教育・福祉の充実に向け、全力投球したいと思います。
 今年も一層のご指導、ご支援を、お願い致します。





posted by 江成直士 at 17:21| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

寒中水泳大会の準備で今年を締めくくりました

寒中.jpg@12月25日、議会改革検討会に出席し、これまでの懸案事項の議論を進めました。市議会ホームページの独立運営について、新たな経費が必要なことから、その必要性について検討しました。絶対的な必要性までは認識しませんでしたが、議会の情報化や速報性を進展させる視点から賛同しました。
 議会における質問資料の提示を事前許可制にすることについては、質問権を制約・規制しかねないことから、議員の自己責任に委ねるべきと主張しました。議会基本条例については、次年度に特別委員会を設置して、制定に向け検討していく方向になりました。当初の予定より時間が経過していますが、分権時代の市民に開かれた議会のあり方を確立するために、一層積極的な取り組みが必要だと思います。
A12月31日、大晦日恒例になった寒中水泳大会の準備(田名小)に参加しました。元旦の寒中水泳大会の運営で1年が始まり、大晦日の準備で1年を締めくくるのが、もう40年以上も続いています。これも水泳協会に参加し、健康だからできることと思い、年来の友人たちと頑張りました。明日の本番も、事故のないようみんなで協力して成功を目指したいと思います。来年13年も、市民にとって平和で明るい1年になるよう祈りながら、大晦日を過ごしたいと思います。(写真は、準備終了後の打合せ)
posted by 江成直士 at 16:48| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

「はやぶさリレーマラソン」を参観、応援しました

@12月23日、麻溝競技場と周回路を使って「はやぶさリレーマラソン」が行われました。10時から15時までの5時間に、チーム内でりレーしながら、合計の走行周回数を競いました。苦難の宇宙探査から帰還した「はやぶさ」の活躍にちなんだ初めてのイベントです。市議会も議員団と事務局から2チーム出場し、中央小、富士見小、大野小など、他にも多くの市民チームが、健脚を披露しました。面白い仮装、扮装をまとったランナーもいて、私も大声で応援しながら、レースの様子参観し、を楽しみました。市民のスポーツ交流、シティーセールスなどが図られて、大変好かったと思いました。参加費が一人4、000円と高額なのは、課題だと思いました。
A新宿小の人気者だったポニーの「ラッキー」が老衰のため亡くなり、12月24日に「ラッキーお別れ式」が行われました。多くの子どもたち、卒業生、地域の方、そして歴代校長先生や教職員の皆さんなど多数の方が参列して、22年もの間、多くの子どもたちに親しまれ、勇気や元気、豊かな心を培ってくれたラッキーとのお別れを惜しみました。直接の関わりはありませんでしたが、ラッキーの活躍や存在感はよく知っており、地域の一人、教師OBの一人として、冥福を祈りました。
B12月24日午後、「さがみ9条の会」の主催による講演会に参加しました。講師は、孫崎 享さんで、尖閣問題などの経緯を整理しながら、平和と安全の確立、領土問題解決の道筋を説いて頂きました。先の衆院選で、国防軍・集団的自衛権・憲法改正を主張する自民党が圧勝し、護憲・平和の道筋が危機に瀕しています。外交の経緯、他国との約束・信義を大切にすること、そのため、事実をしっかりと見つめ粘り強く主張していくことが大切です。市民の一人として、「教え子を戦場に送らない」ことを誓った教師の一人として、そして地方議員の一人として、しっかり取り組みたいと思います。
posted by 江成直士 at 17:46| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文教委員会に出席しました。

 12月19日、本会議終了後、文教委員会が開かれました。案件は「市内中学校で起きた暴力・いじめ事案」で、議案ではありませんが、「所管事項調査」として行われたものです。被害を受けた生徒が負傷し登校できない状況にあり、加害生徒が中学生が逮捕され、マスコミ報道もあって、当該校の生徒・保護者、地域の方々はじめ市民も心配、不安な状況にあります。
 学校と教育委員会が調査する一方警察の捜査も行われるなか、議会としても不安・不信を招くような審査であってはならないと思います。個人の尊厳やプライバシーも保護されなくてはなりません。十分な慎重さが必要です。そして、被害生徒のケア、落ち着いた静穏な学校環境の回復、保護者・地域の信頼・連携の確保、そして加害生徒の立ち直りなど、多くの教育的課題を解決していくことが重要だと思います。
 その視点か、文教委員会の傍聴について議論され、当初は非公開となりましたが、当日になって変更されました。「一時不再議の原則」からみても重大な問題だったと思います。私は、方針変更を厳しく批判しました。生徒のケアと現場の回復、再発防止策のかくりつなど視点から、今後も、慎重な審査、討議を目指したいと思います。
posted by 江成直士 at 10:01| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月議会、一般質問を行いました。

 総選挙があり、この間活動報告は、休止していました。私は「脱原発、護憲、民主教育」を一貫して主張してきた候補・政党を応援しましたが、選挙結果は自民党の圧勝。これからの日本の政治が大変気がかりです。子どもたちに、豊かな人間性と生きる力を育む教育、明るく平和な未来を保障する政治が実行されるよう、しっかり取り組んでいきたいと思います。
@12月7日、文教委員会に出席し補正予算、市立幼稚園の建て替え案件などの議案を審査しました。小学校校舎屋上への太陽光発電パネル設置に関わる環境・自然エネルギー教育の課題、幼保一元化と小学校教育の連携とうについて質疑を行いました。インターネット中継が行われるようになって、何人かの方から感想・意見を頂き、今後の取り組みの参考になりました。
 これより前の、総務、環境経済、民生、建設の各委員会は、庁内テレビで傍聴し、採決時の賛否の参考にしました。
A17日〜19日は一般質問が行われ、各議員と理事者の議論に耳を傾けました。勉強になる議論も多くありました。20日は最終日で、地球温暖化対策条例や分権一括法関連の条例改正、工事請負議案などが議決されました。私たち市民連合は、「下水道会計」をこれまでの特別会計から独立した公営企業会計に映すことについては、議会の議決権を放棄することになること等の理由から反対しました。
B私は、19日の1番目に一般質問を行いました。テーマは、1)障がい者の法定雇用率の達成と本市及び教育委員会の対応、2)25年度教育予算編成と「米百俵の精神」及び、教委意見聴取制度の活用、3)中学校部活動の現状と課題解決の方向の3点で、それぞれ、市長・教育長、担当の部長と議論を深めることが出来ました。市議会ホームページで録画放映されていますので、ご視聴の上、ご意見ご指導頂きけたら有り難いです。1月末頃には、会議録もアップされます(その頃には、市議会だよりをまとめて、皆様にお知らせしたいと思います)

posted by 江成直士 at 09:29| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

市議会だよりをアップしました

 市議会だより(市民連合・議会報告資料)(2012年10月号)を、「江成直士」のホームページにアップしました。
 今年の9月議会の一般質問と6月議会の代表質問(要旨)を中心に、報告しています。是非ご覧頂き、ご意見、ご批正、政策のご提案など、お寄せ頂きたいと思います。皆さんのご指導、ご意見を今後の議会活動で反映してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。


posted by 江成直士 at 10:48| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本会議に出席しました

@、11月28日、29日、本会議に出席しました。両日とも代表質問が行われ、温暖化対策条例案、分権一括法関係の条例改正案、下水道特別会計の企業会計化、補正予算などについて、各会派の質疑がありました。それぞれ質問事項が整理され、課題が明確になりました。支援教育学習指導補助員について、教育長から「全校配置について検討する」との踏み込んだ答弁がありました。私は、一期目の初めの一般質問からその設置と拡充を求めて来ましたが、他の多くの議員の問題提起もあり、発達しょう害のある子どもなどに対するきめ細かな指導、支援の充実に向けて、大いに期待できるものと思いました。
 市民連合では、小林議員が代表質問を行い、筋道の通った鋭い質問を展開しました。会派での検討、協議がしっかりと反映され、好かったと思いました。
 29日の本会議では、退職金の全額不支給処分異議申し立ての棄却に対する諮問について、総務委員会の審査経過、結果が報告されました。私は議会のチェック機能が十分だったかどうか、秘密会の求めの経過から表決に参加しない「退席」による意思表示などの経過について質問しました。表決では、会派として「退席」の意思表示を行いました。
A、この間二つの学習会に参加しました。11月26日は「児童虐待と貧困について」、30日は「就労困難者の就職について」がテーマで、貧困と児童虐待、障がいのある人の就職、誰もが個性や能力を生かして心豊に生きる共生社会のあり方などについて認識を深める事が出来ました。課題解決が少しでも図れるよう、今後の議員活動の中で、取り組んで行きたいと思います。
posted by 江成直士 at 10:14| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。