2012年11月24日

12月議会が始まりました

@、11月19日、12月議会が始まり、本会議で議案の提案、説明が行われました。今議会は12月20日まで、補正予算案、温暖化対策推進条例案、定数改正条例案、その他、諮問や人事案件など77件が審議されます。4分冊になる沢山の議案が13日に配布され、市民連合の会派でも早速、議案検討を行いました。常任委員会の審査を経て12月20日の本会議で採決されます。会派の中でもしっかりと検討し、市民目線に立って、賛否を判断したいと思います。
 私は、12月7日の文教委員会の審査の他、20日には午前一番目の一般質問を行う予定です。いずれもインターネット中継がありますので、是非視聴して頂き、ご意見ご批正を賜れば、大変嬉しく思います。
A、11月20日は、市表彰式が行われ、今年も多くの方々が顕彰されました。私も議会選出の表彰審査委員として表彰者の審査に参画しましたが、いずれの方々も、芸術・文化・スポーツ・市民活動等で活躍、尽力され、また市政発展に大きく貢献された方々でした。市表彰のご栄誉を心からお祝いしたいと思います。
B、11月22日、かながわ民主教育政治連盟の学習会に参加し、文科政務官の那谷屋参議院議員、初中局の日向企画官から、少人数学級の推進など教員定数改善計画の推進について、お話を伺うことが出来ました。09年の政権交代後、35人学級や高校授業料無償化など教育施策が着実に前進したこと、文科省においても学校現場の課題に向き合い積極的に取り組んでいることが分かり、大変有意義でした。解散・総選挙によって政権の行方や25年度予算の方向がはっきりしませんが、日本の教育と子どもたちの豊かな成長発達のために、教員定数・少人数学級の拡充はしっかりと推進して欲しいと思いました。学習会後、首相官邸に柴官房副長官(参院議員)を訪問し、義務教育関係予算の充実などを陳情しました。また、官邸内の見学も出来、これも有意義でした。
C、この他、神奈川JT遺体議員団会議(11/15横浜)、政務活動費検討会(11/16議会会議室)などに参加し、諸課題に取り組みました。師走に入りますが、文教委員会の審査、本会議、一般質問にむけて、しっかり取り組みたいと思います。
posted by 江成直士 at 16:28| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

議会基本条例をテーマに視察に行きました

@、11/5=政務調査費検討会に出席しました。自治法の改正を受けて、3月議会で、現行政務調査費条例を政務活動費条例として改正する課題があり、全国市議会議長会の素案をもとに、本市の条文について、各会派代表の皆さんと検討協議を深めました。急な改正でもあり、法改正の趣旨は踏まえつつ、必要最小限の改正にすべきではないかと思っています。午前午後の検討会でしたが、積極的な意見表明を行いました。
A、11/6=町田市議会議員との共同研修・意見交流かに参加しました。まず前段は、新たに整備された町田市庁舎・議会を見学しました。市民の利便、環境・省エネ、防災などの配慮した設計に感心しました。議会も電子採決を導入するなど先進的な工夫がされていました。建設費も、これまで積み立ててきた基金と国の補助金を活用して、市債の発行も抑え、一般会計の繰り出しは行わなかったそうで、財源調達にも工夫を感じました。相模原市には、当面は新庁舎などの必要はないと思いますが、事業運営あり方としては、参考になると思いました。後半は、双方の議会・議員活動について、意見交換を行いました。親しい懇談が出来て、有意義でした。
B、11/8〜11/9=議会改革検討会の皆さんと、神戸市、北九州市の各議会を行政視察しました。両市議会とも、最近「議会基本条例」を制定して議会活性化の取組を進めており、私たちの議会改革を推進する上で、大変参考になりました。議会報告会や一問一答制、通年議会、議員間討論、市民参加、議員定数や報酬のあり方など、多くの課題があります。私たちも、議論を深めて合意形成を図り、議会基本条例を含む議会改革の取組を推進する必要があると思います。北九州 002.jpg
北九州市議会の本会議場も見学しました
posted by 江成直士 at 21:33| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

文教委員会の視察などに取り組みました

@、10/23=議会改革検討委員会に出席、課題について議論を深めました。議会の独自ホームページ、議場質問での資料提示等の議論が中心になりました。「議会基本条例」の検討をすすめるべきだと主張してきましたが、まだ先になりそうです。全体の合意形成が重要ですが、スピ−ド感も必要だと思います。
A、10/24〜25=文教委員会の行政視察で、熊本県・市を訪問しました。熊本県では就学前教育の取組、市では「子どもフォーラム」の取組がテーマでした。
 県の就学前教育は「親学」ともリンクした緻密な内容でした。市の「子どもフォーラム」は、子どもの権利条約の周知、特に子どもの意見表明と社会参加の方向を踏まえた取組で、権利保障を通した子どもの学び・育ちが窺え、大変参考になりました。詳しくは報告書にまとめましたが、今後の文教委員会の取組に活かしていきたいと思います。
B、10/26=相模原市職員労働組合の定期大会に、来賓参加しました。市民サービスの充実には公務労働の確立が重要です。今後も、誇りと使命感を持って安心して力一杯働ける職場環境、労働条件の確保にむけて連帯・支援したいと思います。
C、10/27=南足柄市民文化会館で開かれた神奈川県教育研究集会・かながわ教育フェステバルに参加しました。開会行事では、小田原えっさホイ踊り「聯・聯坊童子」のパフォーマンスが披露され、若者や子どもたちのエネルギーが溢れました。記念講演では、作家・佐川光晴さんが自分の作家活動への道筋を紹介しながら、子ども・若者が学ぶこと・生きることの意味、親や家庭のあり方などを語りました。
 学校現場と地域に根ざす教育実践が、子どもの現実にしっかりと向き合い地道に着実に推進されるよう期待し、連帯していきたいと思います。
しさつ.jpg 
「聯・聯坊童子」の皆さんの舞台パフォーマンス
D、11/3=田名文化祭を参観しました。今年も絵画や書道、手芸作品、陶器、押し絵など沢山の作品が展示・出品されました。それぞれ目を見張るような出来映えに、感嘆の思い新たにしました。大会議室では、清陵高校応援団の応援パホーマンスや田名中水道学部の演奏が披露されました。力強い演技・演奏に、大きな拍手を送りました。
 午後、淵野辺小の「淵っ子フェスティバル」を参観しました。子どもや保護者が楽しそうに活動する様子に、心が和みました。「宇宙の学校」のボランティアの皆さんも、色々な実験遊びを指導していました。有り難いことだな、と感謝の思いを深めました。
 当日は、淵小50周年記念事業で埋められていた「タイムカプセル」が開かれ、当時の児童の皆さんが、大勢集まって、「20年後の自分への手紙」を受け取り、感慨深げに読んでいました。旧友との久しぶりの顔合わせに喚声も上がって、私も嬉しくなりました。地域に根ざす学校の姿、子どもたちが楽しく学び豊に育つ学校に向けて、少しでも役立っていきたいと思います。
E、11/4=溝渕誠之議員の市議会議員勤続45年表彰祝賀会に、会派を代表して出席しました。連続12期当選、副議長、議長ほか議会役職を歴任され、市政全体に積極的に関わった功績に、改めて敬服の念を深めました。今後もさらにご健勝に活躍されるよう祈念させて頂きました。
F、11/5=政務活動費検討委員会に出席し、新たな政務活動費条例や執行マニュアルについて検討しました。自治法改正の趣旨も踏まえつつ、十分な市民理解が選られるよう、検討していきたいと思います。
posted by 江成直士 at 09:24| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

秋の行事に出席・参加しました

視察 004.jpg 田名体育祭 視察 003.jpg フォトシティー表彰式 
この秋も、様々な行事が行われました。都合のつく限り出席し、参加者の皆さんと交流を深めました。
@10月13日〜フォトシティーさがみはら2012の表彰式、シンポジューム、記念レセプションに出席しました。今年も「フォトシティさがみはら写真賞」が決定し、「プロの部」と「アマの部」共に表彰されました。表彰式の後、プロの部受賞者など写真家三氏によるシンポジュームがあり、「混迷する時代における写真のいま」が熱っぽく議論されました。受賞・入選作品と子ども写真教室の作品が相模原駅ビルの市民ギャラリーで展示されており、10/20日に鑑賞しました。写真文化の育成と発信を目指すフォトシティーさがみはらも11年目迎え、すっかり定着しました。更なる発展、前進を期待するところです。当日夜は、田名地区公共交通整備促進協議会役員と地元議員の懇談会があり、田名バスターミナルについて、路線再編の課題などについて意見交換しました。出来るだけ幅広い利便性か確保出来るよう地域全体で連携する必要があると思います。
A10月14日〜田名地区体育祭に参加しました。開会式の後、四ッ谷自治会の一員としてピンポン球リレーに出場しました。チーム全体で力を合わせ、一位になりました。ちょっと嬉しい気分で、楽しむ事が出来ました。午後は、市民文化祭・吟剣詩舞大会のコンクールに出場しました。李白の「静夜詩」一生懸命吟じました。詩想をしっかりと掴んだ吟詠が多く、自分ももっと頑張らなければ、と思いました。思い出に残る経験になりました。
B10月18日〜夢クラブスポーツ大会を参観しました。各地域老人会の皆さんが大勢参加して、「健康・仲間、思いやり」を合い言葉に、和やかに楽しんでいられました。ますますの健康長寿をお祈りしながら、応援しました。
Cその他、田名まちづくり懇談会傍聴(16日夜)かな政連役員会(17日午後)、職員給与・定数学習会(19日)、市安全・安心まちづくり大会(20日午後)と日程が続きました。それぞれ有意義な関わりが出来て好かったと思います。

posted by 江成直士 at 18:16| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

視察、研修など秋の仕込みに頑張りました

視察 002.jpg 都市問題会議会場コピー 〜 視察 007.jpg仙台市南蒲生浄化センター視察
9月議会から12月議会までの間は、例年、行政視察や全国研修行事などが集中します。今年も、忙しい日程でしたが、貴重な仕込みの機会として一生懸命取り組みました。視察、研修などで学んだ事、見聞や経験を、これからの議会活動に積極的に活かしていきたいと思います。
@、10月9日、大都市制度特別委員会の一員として総務省に赴き、大臣官房復旧復興支援室長の新田一郎氏から「大阪都構想の経緯と具体化の方向」、「大都市制度に関する議論の状況」について、お話を伺いました。第30次地方制度調査会の主要なテーマになっている「大都市制度のあり方に」について、体系的、総合的に学ぶことが出来ました。相模原市としては、なったばかりの指定都市の課題に向き合い、地道に取り組むことが必要だと思いますが、日本の国のあり方として「大都市制度」の方向性は、重要な要素だと思います。特別委員会での議論を、さらに深めていきたいと思います。
A、10月11〜12日は、盛岡市で開かれた「全国都市問題会議」に参加しました。74回を数える今回も、全国から約1600人が参加、「都市の連携と新しい公共〜東日本大震災で見えた『絆』の可能性」をテーマに、防災・まちづくりや都市連携、復旧・復興の課題、新しい公共の方向性などについて、熱心な議論が行われました。会議に設定された多彩なセッションを通じて、「震災で浮き彫りになった問題と復旧復興への道筋、大規模災害時の自治体間連携、市民や企業、ボランティアなどの取り組み」などの課題が明らかとなり、住民の苦しみや要望に寄り添って取り組むべき「基礎自治体の責務」を確認しました。
 高成田享さん(仙台大学教授・東日本大震災復興構想会議委員)の記念講演、劇作家の平田オリザさんや井口経明宮城県岩沼市長の一般報告、戸羽太陸前高田市長をはじめ学識経験者やボランティア団体の代表ら5人が登壇したパネルディスカッションなど、内容の濃い議論を聞いて大変勉強になりました。新しい公共の可能性について、自らのテーマとして、取り組んで行きたいと思います。
B10月15日〜16日は、防災特別委員会の一員として、仙台市への行政視察に参加しました。防災特別委員会として、昨年に続き2回目の視察ですが、被災から1年半有余、具体的な取り組みや復旧復興の方向と課題などを詳しく伺うことが出来ました。
 2日目は、南蒲生浄化センターを訪問し、被災の状況と復旧の取り組みを伺いました。震災当日の避難救助の様子、市内逆流を防ぐための放流弁の開放など切迫した状況下、「市民のため」を思って取り組む姿を伺って、心打たれました。行政任務の重大さとマンパワーの大切さを再確認しました。本市も、市民の安全・安心、福祉の増進のための態勢を常に点検し、市民の負託に応えなければならないと思います。
posted by 江成直士 at 16:52| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

子どもが主人公

SN3V0018.jpg田名中の体育祭防災 002.jpgかかしコンクール
この一週間余りの間、運動会などで子ども達の活躍を沢山見る事が出来ました。子どもが達が主人公になって頑張る姿は、何より素敵です。「子どもは社会の宝」を実感する事が出来ました。
@9月29日に、新宿小、中央小、淵野辺小の各運動会、10月1日に田名中の体育祭、10月6日は、田名北小、田名小、8日は田名幼稚園の各運動会を参観し、子ども達の力一杯の姿を見ながら、秋空のような清々しい気分を満喫しました。
A10月7日は、ねぶたカーニバルのパレードに参加し、また子ども達の「よさこい踊り」に手拍子で応援しました。10年ほど前の、中央小の現役時代に参加したねぶたパレードを懐かしく思い起こすと共に、子ども達の変わらぬ熱気に、明日の希望を感じました。
B10月8日は、自然の村「若あゆ」の体験水田で行われている「かかしコンクール」を参観しました。ユーモアと一生懸命が溢れる「かかし」を見ながら、やはり中央小在勤時代、かかしコンクールに入賞したこと、賞品の餅米で餅つき大会をしたことなど、懐かしい思い出に浸りました。
 どの場面でも、子ども達のパワーが溢れていて、やはり「子どもが主人公だ」との思いを新たにしました。豊に育つ子ども達を応援するため、私も精一杯取り組みたいと思います。
C、この間は他に、相鑑舎の「故宮博物院収蔵品展示内覧会」(10/1)、政務活動費検討会(10/2)、市表彰審査会(10/3)、公共施設白書学習会(10/3)、湘北教組中央委員会(10/4)、田名美化ボランティア活動(10/5)など、忙しい日程が続きました。これからも一つ一つ丁寧に取り組んで行きたいと思います。


posted by 江成直士 at 21:58| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

9月議会で一般質問を行いました

@、9月18日には、政務活動費検討会に出席しました。自治法が改正され、これまでの政務調査費の対象だった「調査研究活動」に「その他の活動」が加わり、名称と共に使途対象の範囲が広がりました。具体的には、各自治体の条例で決めることになり、12月議会をメドに、具体的な検討を進めなければなりません。市民に説明責任を果たし公正・適切な運営が出来るよう、しっかりと検討していきたいと思います。
A、9月議会も終盤を迎え、24日に決算特別委員会、25日〜27日に一般質問の本会議が開かれました。私は、26日の本会議に登壇し、一般質問を行いました。区政の総括と改善、公文書館機能の構築、「不登校」の未然防止と早期対応をテーマに、現状の問題点を質し対応策を提案しました。議員2期目の1年半が過ぎ、慣れたはずなのに本会議は緊張します。時間内に質問をまとめることが出来、ホッとしました。今後も課題解決に向けて、市民目線で取り組んで行きたいと思います。
B、28日が最終日で、各委員会報告、討論が行われました。我が会派からは小林議員が決算認定賛成の討論を行いました。教育部分の討論要旨については、私が起稿させてもらいました。政令市移行と景気の低迷が重なって、厳しい財政環境にありますが、教育は未来を築く事業。子ども達の豊かな成長のために責任ある教育施策が行われるよう、しっかりとチェック・提案していきたいと思います。
posted by 江成直士 at 07:04| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

文教委員会に出席しました

 9月13日、文教委員会に出席し、議案や決算の審査を行いました。文教所管の議案は、補正予算と上溝給食センター建設工事2件の契約案件でした。補正予算の文教部分は、私が6月議会で代表質問を行った通学路の安全につて、田名塩田原交差点歩道橋の予備設計を前倒し、市内全体の安全警備員・指導員を配置するための予算措置でした。私の問題提起を受け止めた積極的な取り組みとして評価し、上溝給食センターの議案と共に、若干の質疑を行って賛成しました。
 決算審査については、教員の独自採用、教員定数と欠員臨任、再任用問題、教員年齢構成と人事の活性化、多忙化やいじめ問題等学校実態調査と支援体制、中学校給食の利用状況、教師用教科書指導書配布、子どもの権利条例への対応、その他について実態を質し問題を指摘しました。質問時間が答弁を含めて1時間程に限られているため、その他に準備していた教育予算の全体構成比低下、図書館費の減額状況や少人数指導体制の不十分さ、青少年相談センターのカウンセラー・スクールソーシャルワーカーの配置や特別支援教育施策、文化財保護施策などについては、質問出来ませんでした。他の政令市と比較した実態など調査・準備が活かせず残念に思いましたが、今後も継続して取り組んで行きたいと思います。
 その他の委員会審査は、庁内テレビ中継を活用して視聴(傍聴)しました。多くの委員からの質疑、問題提起に学ぶことが多くありました。
 次は、一般質問です。私の出番は26日午後の初め頃に予定されています。区政の推進の評価と課題、公文書館の整備、「不登校」及び「引きこもり」など関連課題への支援対策について、通告しました。しっかりと課題定期をしたいと思います。 
posted by 江成直士 at 09:04| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

田名美化ボランティア活動に参加しました

 9月7日午前、田名美化ボランティアの活動に参加しました。田名・清水地区で耕作放棄地に違法投棄物が目立つことから、道路周縁部のヤブを刈り込み、投棄ゴミを撤去しました。数ヶ月前にキレイにした箇所に投棄物があり、公共心のカケラもない違法行為に言葉も浮かばない思いでした。耕作放棄地も、地域環境に大きな問題になっています。地権者の責任を明確にして、適切な環境保持を義務づける施策が必要ではないか、などと思いながら、厳しい日ざしの中で、田名美化の仲間と一生懸命汗を流しました。
 午後は議会に登庁し、総務委員会のライブ放映を視聴しました。委員会の審査もライブ放映されるようになって、控え室での傍聴が可能になりました。市税収入の見通しや地方交付税交付金、臨時財政対策債の課題など、活発な審議が傍聴できて、大変勉強になりました。市民の皆さんも、インターネット中継を活用して様々なご意見を寄せて頂けたら、議会の一層の活性化に繋がると思います。
posted by 江成直士 at 15:41| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

本会議に出席しました

 9月4日、5日は、本会議が開かれ、代表質問が行われました。多数会派から順次、4日は4会派、5日は2会派及び2個人質疑の質問者が登壇し、23年度決算の他、衛生6法関連条例議案、工事請負、その他市政課題について質疑を展開しました。決算では、相模原市の財政状況や重点施策の評価など、また条例関係では地方分権に即した本市の独自性などについて議論が集中しました。円高、デフレの影響などで地域経済や雇用の低迷し、個人市民税の税収減、扶助費の増など財政課題が継続しています。政令市関連経費は、さがみ縦貫道などの国直轄事業負担金や国県通整備・管理費用などが重い負担になっています。財政指標は健全指数を維持しているものの、財政の硬直化、財源不足は年々信仰しています。議会のチェックを強化しなければならないと思います。我が会派・市民連合は、金子議員が登壇し、決算の氷菓と施策の課題、工事請負入札の問題、公契約条例の実効化、基地問題など、小林議員も含め3名で検討した成果を生かし、鋭い質疑を展開しました。いつもながら、金子議員のベテランの力に敬服しました。他の会派の代表質問にも、学ぶことが多くありました。
 5日の本会議後、全員協議会が行われました。施設利用の受益者負担の見直しや下水道事業会計の独立(公営企業会計化)などについて、理事者の説明がありました。受益者負担の見直しについては、安易な市民負担増をチェックする立場から、基本方針やパブリックコメントの曖昧さを指摘し、市民に分かりやすく説明するよう求めました。今後の動向を注視していきたいと思います。
posted by 江成直士 at 22:34| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

防災訓練を参観しました

 防災 001.jpg避難誘導訓練 防災 002.jpg消火救助訓練
 @、9月2日、淵野辺公園隣接地で行われた市総合防災訓練を参観しました。訓練は、午前10時、相模原市西部直下震源域とするM6.9の地震が発生し、市域全体で震度5強〜6弱の強い揺れによって崖崩れ、建物崩壊、火災、交通・通信のマヒ、生活インフラの寸断が起き、多数の死傷者が出ている事態を想定して、実施されました。情報集集から始まった訓練では、避難誘導、消火、救出・救助、道路啓開、ライフライン復旧、救援物質輸送、その他総合的な災害応急対策の取り組みが展開されました。訓練に参加した消防、警察、行政職員の他、地域自主防災組織、ボランティアや企業の団体等の皆さんは、それぞれの受持行動を、素早く確実に展開し、訓練成果を確実にしていました。東日本大震災から1年半、南海トラフ巨大地震による最悪32万人の死者が出る想定から、命を守る防災・減災体制の構築が喫緊の課題になっています。本市においても、市民の安全・安心を確保する取り組みを、確実に推進しなければなりません。自助・共助・公助を一体として災害に強いまちづくりに向けた、使命の重大さを噛みしめながら、最期まで参観しました。
 A、9月1日は田名八幡宮、2日は四ッ谷・石神社の例大祭に参列し、地域の安寧・住民の幸福を祈りました。夜は、四ッ谷子ども広場で行われた「祭礼演芸会」に参加しました。あいにくの雨天でしたが、自治会役員さんを先頭に皆さんが頑張って、お祭りを盛り上げていました。途中で雨が激しくなり、予定されていたカラオケなどが割愛されましたが、地域の皆さんが和気あいあいとふれ合いを深め、楽しい演芸会になりました。雨も負けずに頑張った役員・関係者の皆さんに感謝したいと思います。 

2012年08月28日

9月議会が始まり、本会議に出席しました

 8月27日、9月定例会初日の本会議が開かれ、23年度一般会計・特別会計決算、補正予算第3号、条例の制定・改正、工事請負契約、報告など、合計55案件が提案されました。9月議会は、特に決算審査において、23年度の市政運営の検証・総括を行うことになります。来年度予算や今後の姿勢の方向性に関わる課題も浮き彫りにしなければなりません。市民の立場に立った審査・議論ができるよう、会派での検討・学習にしっかり進めていきたいと思います。また、具体的な所管ごとの決算は、各常任委員会に対応する分科会で審査されます。教育委員会所管の施策事業について、子ども達の成長発達を保障するとともに、保護者・市民の期待を実現し学校現場の生き生きした実践を推進するための教育行政のあり方を追究していきたいと思います。
 9月議会では、一般質問も行います。26日の5人目ですから、たぶん午後の2番目ぐらいに登壇することになりそうです。これにも、しっかり取り組んでいきたいと思います。
posted by 江成直士 at 12:07| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相模川花火大会・後片付け活動に参加しました

 8月25日夜、相模川納涼花火大会を鑑賞し、娘たち家族と一緒に、納涼の饗宴を存分に堪能させてもらいました。また、地元田名地区の自治会役員・OBの皆さんとも歓談させてもらいました。会場は、例年以上の大盛況で、様々な光と音、華やかな色彩を闇空に広げる花火に、歓声を上げていました。昨年は、大震災のために開催を自粛した花火大会ですが、今年は、被災地の皆さんへの激励、支援の気持ちも込めて、多くの市民が楽しむ事が出来、本当に好かったと思いました。
 翌26日午前は、自治会役員・OBの皆さんと、会場後片付けに参加しました。また、田名中や相模田名高校の生徒さんも、健全育成協の活動で参加してくれました。8時少し前から作業に掛かり、イスの撤去やブルーシートの片付け、ゴミの収集掃除、そして、観衆が自分のシートを確保するための置き石の撤去など、大変な酷暑の中でしたが、みんなで力を合わせて頑張りました。自分のゴミや置き石などは自分で片付けてもらえるようになると、もっと素晴らしい花火大会になります。公徳心・公共心をどう高めていくか、これからの地域づくりの大きな課題だと思いました。
posted by 江成直士 at 09:18| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議会改革検討会、教研、、地方議員団会議に出席しました

@、8月20日、議会改革検討会に出席しました。私たちの会派は、議会基本条例の制定を主張していますが、現在は、議会運営の個別課題について議論が行われています。それらの議論でも、議会の位置づけや使命、市民に開かれた議会のあり方、議会の活性化や市民参加の方策などを基盤としして合意形成を諮る必要があります。その視点では、もう少し基本論議を進めるべきではないかと思います。今後の進捗を働きかけたいと思います。午後は、市公共交通整備促進協議会総会に出席しました。
A、8月23日、湘北地区教育研究習会に参加しました。午前中は、市民会館で全体会が開かれ、来賓として副市長さんや校長会、PTAの代表の挨拶があり、62次を数える教研集会の厚味と、保護者・市民との連携を実感しました。学校教育の基盤は「信頼」です。学校、地域、行政が共に連携・協働していく方向を、これからも大切にして欲しいと思いました。記念講演では、戦場カメラマンの渡邉陽一さんが、「戦場の現場から祈りを捧ぐ」と題して命の大切さ、互いに愛し敬うことの大切さを訴えました。少し、パホーマンス過剰も感じましたが、過酷な戦場で傷つき恐怖や不安に押しつぶされそうな子ども達の姿に、胸がえぐられる思いが染ました。子供の成長と明るい未来のために絶対必要な「平和」、そして、環境、人権、共生を追求し、実現しなければならないと思いました。午後は分科会に参加し、教育条件整備の課題、特に就学援助制度や学校ICT化と学校財務について、学校現場の皆さんと研究協議を深めました。
B、8月24日〜25日、横浜で開かれている「全国自治体議員団会議・夏季研修会」に参加しました。社民党所属・推薦議員を中心とする学習会で、私は初めての参加でしたが、全国各地の地方議員が多数参加していました。24日は、3.11大震災で被災した気仙沼市の現状や復興への課題、地方議会での議会改革の課題と具体的な取り組みなどについて、様々な情報や活動報告、地域課題を交流・討議して、大変勉強になりました。25日はフィールドワークで、横浜港の米軍基地施設である「ノースピア」や近接する「浜ウイング」(横浜市が市民出資で建設した風力発電施設)を見学しました。さらに川崎市浮島に整備された「メガソーラ」と「エコ暮らし未来館」を視察しました。横浜港の一等地に係留された戦備品、上陸用船艇からは、文字通り戦争の匂いを感じ、平和実現の課題について考えました。また浜ウイングや太陽光発電施設を通して、再生可能エネルギーの可能性と必要性を強く感じました。
横浜 001.jpg
ノースピアの米軍上陸用船艇
横浜 003.jpg
エコ未来館から〜後方が、浮島メガソーラ


 
posted by 江成直士 at 08:13| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

東北大震災被災地を視察しました

 8月8日〜9日、かながわ民主教育政治連盟(かな政連)の学習会として企画された東北大震災被災地視察に参加しました。
 視察したのは岩手県の大槌町、釜石市、陸前高田市の被災エリアで、津浪の猛威に破壊し尽くされた現地に立ち、息をのむ思いの連続でした。
 しかし、被災地では復興への取り組みが、少しずつそして粘り強く取り組まれている様子も実見することが出来ました。視察先でお会いした方々からは、被災の状況、避難所・仮設住宅の生活、復旧から復興に向けた課題、ボランティアや各種支援活動との関わり、国や自治体への注文など様々なお話を伺いました。皆さんからは、辛く厳しい現実に直面しながらも明るい笑顔や希望を語る声も窺え、私たちが元気を頂く思いもしました。1年半経っても復旧・復興の姿は限定的であり、遅々とした国の取り組みへの疑問や苛立ちやも感じます。とにかく、被災地で懸命に頑張っている皆さんの思いに寄り添い、息の長い支援・連携に取り組んで行く必要があることを強く感じました。
岩手 001.jpg
(町長はじめ多くの職員が犠牲になった大槌町役場前)
岩手 004.jpg
(釜石市・鵜住居の宝来舘の女将・岩崎さんからお話を伺う)
岩手 007.jpg
(陸前高田市・破壊された施設と奇跡の一本松) 
posted by 江成直士 at 17:52| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育研究発表大会や地域行事などに参加しました

@8月1日〜市教育研究発表大会を参観しました。午前中は登山家・田部井淳子さんの講演で、東北大震災被災者の支援活動やエベレスト山に女性初登頂の体験など、感銘深いお話でした。
 午後は、二つの分科会に参加し、貧困家庭の子どもの学びの支援、地域と学校が連携した子どもの育成活動、若い教師を育てる自主勉強会などの研究発表を聴きました。充実した研究・実践の内容や、N先生をはじめ元同僚・友人の先生も研究発表など前向きな取り組みに感服しました。
A8月2日〜ギャラリースペース游で開かれている写真・ビデオ展「戦車闘争の100日間」を観覧しました。ベトナム戦争に使われる米軍戦車を止めた40年前の夏の戦いを感慨深く振り返り、反戦・平和の思いを噛みしめました。
 夜、相模原地域連合の政策懇談会に参加し、市の25年度予算編成に向けた政策・制度要求について役員・推薦議員の皆さんと意見交換を行いました。積み重ねた制度政策要求は議会活動にも大変参考になり、有意義な懇談が出来ました。
B8月3日〜田名美化ボランティアの懇親会に参加しました。昨年4月以降延べ15回の活動で、約18トンの廃棄物を回収した実績を振り返り、不法投棄の防止と地域美化の取り組みについて、意見交流しながら懇親を深めました。これからも都合つけ、出来るだけ参加して行きたいと思います。
C8月4日〜田名地区三角山公園の平和を願う献花式に出席し、戦没者を追悼し恒久平和を願って献花しました。その後、田名中で開かれた「田名ふるさとまつり」に参加し、地域の方々と歓談したり盆踊りの輪に加わったり、地域の祭りを楽しみました。各自治会などの出店もバラエティーに富み、大変な活況でした。地域の連帯が強まり元気が溢れる祭りになりました。自治会役員、関係者のご尽力に感謝したいと思います。
D8月7日〜会計担当者会に出席、「クラウド」を使った政務調査費会計処理について検討しました。市の会計規定途の関係やクラウド方式導入の必要性、メリット・デメリットの見極めなど課題が多く、更に検討していくことになりました。
IMG_1971.jpg
(田名ふるさとまつりー鼓笛隊による開会式パレード)

posted by 江成直士 at 16:31| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

7月、研修会や地域行事等に参加して充電を図りました

 7月は、地域の夏祭り・盆踊り等の行事が多くあり、可能な限り訪問して地域の方々と意見交流を図り、親睦を深めました。
◎4日〜社民党推薦議員団会議に出席、県内各市の政治状況、議会改革の取り組みなど情報交流が出来ました。5日〜議会改革検討会に出席、継続課題など積極的に意見を述べました。少数会派の思いはなかなか通らず、残念です。7日〜市自治会大会に来賓参加しました。地区自治会長として尽力された方への表彰があり、旧知の方々にはお祝いを述べました。8日〜節電学習会に参加しました。講師は市内で環境問題に取り組む方と脱原発の情報発信を進めている方で、生活に密着した節電の取り組みが、脱原発社会への一歩に繋がることを確認し合うことが出来ました。
◎9日から13日〜千葉市の市町村アカデミーで4泊5日の市町村議員研修会に参加しました。日中の講義の他、夜間はグループ討議もあり、かなりハードな日程でしたが、地方分権や財政運営、議会改革などの課題を幅広く学ぶことが出来ました。市民目線に立って粘り強く活動している方々とも、率直な議論が出来、大変有意義でした。
◎14日〜長野県・松本市長の菅谷さんの講演を聴きました。チェルノブイリ原発事故後の医療支援に取り組み、現在も現地の方々と交流を続けている菅谷さんのお話から、原発事故・放射能汚染がもたらす罪深い現実に、改めて慄然とする思いでした。脱原発社会の実現に一人一人の力を結集しなければならないと思いました。また16日は、代々木公園で開かれた「さよなら原発10万人集会」に参加し、会場の多くの方々と、「脱原発!命を大切にする社会の実現」を求めました。集会後は、澁谷コースのパレード(脱原発デモ)に参加し、大飯原発再稼働反対、脱原発社会実現をシュプレヒコールで訴えながら行進しました。老若男女、様々な市民が自らの意思で参加しており、また沿道からも賛同の声があり、多くの国民に広範に広がる脱原発の意思を実見しました。私もその一人として脱原発の思いを共有していきたいと思います。
7.12-1.jpg
◎14日、15日〜田名の各地域の夏祭りや盆踊りが行われ、田名八幡宮の八坂祭も含め、参加しました。毎年の恒例行事ですが、地域の方々と語ったり躍ったり、また地域の要望や課題を伺ったり、議員として大変勉強になりました。
◎19日〜議員互助会によるレクレーション・懇親会に参加し、他会派の皆さんとも交流を深めました。20日〜防災特別委員会に参加し、地域防災計画の素案に対し質疑し、意見を述べました。21日〜相模原稲門会夏季懇親会、葛輪、陽原地区盆踊り大会に参加。22日〜さがみ岳風会夏季温習会で「別詩」を吟じました。夜は水郷田名団地盆踊りに参加しました。30、31日〜岳風会横山教場合宿吟詠会に参加。
◎24日〜大都市特別委員会に出席、国への要望事項について、質疑し意見を述べました。25日〜平和行進出発行事に出席、激励の挨拶の後、議会改革検討会に出席しました。会派要望事項の検討が終わり、今後議会基本条例の検討に移る予定です。大会派の皆さんとは、認識・意見の開きがありますが粘り強く取り組みたいと思いま。26日〜基地問題市民協議会に出席。28日〜相模原自治研センターの学習会に参加、大都市制度や政令市移行後の相模原市の課題について、講演、シンポジウムがあり、大変有意義でした。29日〜相模湖ダム建設殉難者追悼会に出席、戦争下の過酷な労働(強制や動員による)の中で尊い命を無くされた殉難者の冥福を祈り献花しました。反戦争、平和・人権・共生の思いを噛みしめました。千木良小の子ども達の演奏や合唱などに心癒されました。

posted by 江成直士 at 15:40| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月議会、代表質問に立ちました

 6月定例会では8日に代表質問を行い、NPO寄附税控除認定条例、市民寄附への税控除条例について、その趣旨や具体的な運用課題について質すと共に、通学路交通安全施策や厚木基地におけるNLP騒音問題の問題を指摘し、市長の積極的な取り組みを求めました。3人の会派の質問時間は30分で、折角の問題提起も十分に展開できません。結果として、質問のまとめ段階で少し時間オーバーしてしまいました。時間をにらみながら質問を展開、まとめる力の不足を反省しました。
 その他、6月の主な活動を記録します。
◎1日〜大都市問題特別委員会〜大阪都や特別自治市など大都市制度を巡る課題を踏まえて、政令市の本市も大都市制度の自治・分権、財政のあり方について調査研究するために、設置されました。政令市では事務事業が増大する一方そのための財政措置が不足している実態は、以前から指摘してきましたが、政令市移行の検証、市民サービスの充実と健全財政の維持などの視点も含めて、今後の委員会活動に積極的参画していきたいと思います。
◎2日・湘北退職教職員の会総会、3日・相模川クリーン作戦、田名財産管理委員会総会、7、8日・本会議代表出席、9日・神奈川県教組大会来賓出席、10日・教育文化講演会参加〜JAXA名誉教授の的川泰宣先生の講演を聴きました。「はやぶさ」の60億キロに及ぶ小惑星探査旅行の夢とロマン、その成果と困難に挫けないチームワーク、興味深いエピソード、そして泰然としたお人柄の溢れた講演を感銘深く伺うことが出来ました。
◎18日・文教委員会に出席〜付託議案はなく湘北教組から出された「義務教育費国庫負担制度堅持、35人学級推進、教育予算拡充」の陳情審査が行われました。私も陳情趣旨に賛同して質疑を行い、その結果、総員賛成で陳情が採択されました。20年以上続く湘北教組の取り組みですが、今年も繋げることができホッとしました。12日から15日その他の常任委員会については、庁内放映を視聴して傍聴を行いました。今議会から、本会議に加えて常任委員会もインターネット中継が始まりました。多くの市民の皆さんが議会審議の様子を視聴され、ご意見ご指摘を頂き、一層の議会の活性化・改革に生かしていきたいと思います。
◎17日・景観植栽活動、社民党市民政治スクール〜上野千鶴子さんの講演を聴き、これからの介護、老後の生き方と高齢者施策の在り方について学びました。19日・退職女性教職員の会総会に来賓出席、22日・大都市制度学習会に参加(横浜)、23日・神奈川県教組役員OB会、かな政連の各総会に出席、宮上小歴代PTA役員・校長・教頭が交流する「あじさいの友の会」に出席、懐かしい方々と旧交を温める事が出来ました。
◎26〜28日・本会議に出席。各議員の一般質問が行われ、様々な問題提起から多くを学ぶことが出来ました。29日・本会議(採決)、市議会全員協議会(地域防災計画)、会計担当者会に各出席。30日・学校図書館学習会に参加〜子どもの読書活動を支援するための学校図書館の環境整備の課題について学びました。当面は、学校図書館整理員の配置拡充が重要だと思いました。「銀河の森プレーパーク」を視察しました。協働提案事業として始まった冒険遊び場の取り組みも、順調に運営されていました。冒険遊びに目を輝かせてる子ども達を見て、関係者のご尽力、ご奮闘に敬服しました。
posted by 江成直士 at 10:00| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

議員二期目の活動に全力投球

 しばらくの間、体調の低下や煩瑣な事情が重なって活動報告が滞ってしまいました。まとめてあとづけておきたいと思います。
 @5月は臨時議会(5/17、21)があり、今後一年間の委員会所属が確定しました。私は、文教常任委員会、防災特別委員会、大都市に関する特別委員会に所属し、各所管の課題に取り組むことになりました。また、議会改革検討委員、会派会計担当者としても活動します。自分の任務を見据え、しっかり取り組んでいきます。
 A5月は田名地域関係団体の年度総会をはじめ、様々な会合、催しに行われ、以下の通り参加しました。18日〜公共交通整備促進協議会総会、湘北養護教員部総会、19日〜市職員退職者会歓迎会、22日〜社会福祉協議会総会、23日〜議会改革検討委員会、小田急多摩線延伸促進議連総会、25日〜安全・安心推進協総会、防犯協会総会、26日〜さがみ岳風会総会、市民俗芸能保存協会総会、28日〜かな政連打合会、29日〜青少年健全育成協議会総会、
 B相模大野西側再開発の現地見学会(24日)では、再開発事業の進捗状況を見分しました。多額の税金を投入し、駐車・駐輪場や市民・大学交流センターなど公共スペースの運営などに多額の税金が投入されることを、市民目線でしっかり見据え、しっかり検証・チェックしていく必要があると思います。 C節電の取り組み学習会(25日・衆院議員会館)では、大和郡山市の取り組みなど実践例を聞き、大変勉強になりました。「脱原発社会」の実現に向けて節電・省エネは必須の取り組みです。具体化に向けた政策提起を研究していきたいと思います。28日は、大学の先輩・坂西さんの絵画展を鑑賞しました。身近な自然と人のふれあいが描かれており、心和む時間になりました。
 D6月議会が5月30日から始まり、代表質問の通告準備や質問事項の調査整理など取り組みました。
 
posted by 江成直士 at 10:47| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

議会運営委員会などに出席しました

@5/10(木)、11(金)、14(月)〜議会運営委員会に、出席しました。市民連合の議運委員は小林議員ですが、視察等のため、私が「委員外議員」の立場で、連続して出席しました。
 初日は、「5月臨時会の運営について」で、補正予算・専決処分の議案確認の後、新たに「大都市制度に関する特別委員会」の設置を決めました。続いて、議会の役職人事案件を協議し、延べ3日間の協議を経て、14日に議運における確認に至りました。
 毎度のことでですが、今回も、各会派の希望・要求が重なり、議運確認まで相当の時間を要しました。私は、議会は49名の議員によって構成され、その責務は等しいことから、大会派・多数会派に偏重しないよう、少数会派意向にも留意する必要があることを、強く主張しました。結果として、少数意見の尊重という民主主義の大切な原理も、その具現化は簡単ではありませんでした。議会運営のあり方、会派の位置づけなど、原点にたって議論深める必要があると思います。
A5/13(日)〜田名地域の景観植栽活動に参加しました。来月は、ポーチュラカを植栽することになっており、今日は、事前作業としてパンジーを抜き取り、花壇を耕しました。また三角山公園の除草も行いました。新緑が輝く中、季節の移ろいを感じながら快い汗を流しました。
B5/13(日)〜午後は、厚木市荻野運動公園会議室で開かれた厚木市議会「議会報告会」を参観しました。会場は100名超の参加者で満員でした。報告会は、主催者(議長さん)の挨拶で始まり、24年度予算審議の概要、市立病院の改修、新葬祭場、旧パルコビルの買収・活用計画などが、各担当の議員から報告されました。若干の休憩後に質疑の時間があり、参加市民から、脱原発に関する陳情の扱いや中学校武道必修化などについて、議会の対応が尋ねられました。合計で1時間半、そのうち質疑は20分ほどで、報告・議論の深まりが少なかったように思いました。しかし、個別の議員や会派ではなく厚木市議会として、市民に議会報告を行い、市民と双方向の意見交換を行うことは、市民と議会の開かれた関係をつくり、市民の立場に立つ議会運営を行う上で、大変意義あるものと思いました。相模原市議会でも、議会改革の検討・推進が協議されています。市民と議会の開かれた関係をどう作っていくのか。重要な論点に位置づける必要があると思いました。
posted by 江成直士 at 11:22| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。