2012年02月27日

有害鳥獣対策議連の研修会に参加しました

 2月14日、大山丹沢山系有害鳥獣対策議連の学習会に参加しました。有害鳥獣被害については、身近には見聞きすることが少ないので、つい、よそ事のように思う傾向があったのですが、中山間地の生活基盤の大切さについて、改めて認識を深めました。人の生活の営みを顕在化すること、地域が一致連携して対応することは、市街地近郊でも共通の課題だと思います。地域コミュニティーづくりの重要性を再確認する思いでした。
posted by 江成直士 at 11:15| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方財政学習会に参加しました

 2月13日、東京で開かれた「2012年度地方財政学習会」に参加しました。地方分権改革が進行する中で、新たに政令市まで適用された一括交付金や延長された合併特例債、臨時財政対策債などの課題、問題について学習を深めました。12年度の地方財政の運営、我が市の予算への影響など、詳しく検討しなければならないと、宿題を抱えて帰りました。
posted by 江成直士 at 11:12| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サーラ祭り、鼓笛隊発表会を激励しました。

 2月12日午前、「サーラ(男女共同参画さがみはら)まつり」に出席しました。「サーラ=男女共同参画さがみはら」は、橋本の「ソレイユさがみ」を指定管理しているNPO法人で、男女共同参画社会推進の拠点的活動団体です。今年も案内を頂き、役員・活動家の皆さん、参加団体の活躍を伺い、激励させて貰いました。帰りには、相原高校の生徒さんがつくったブタマン・ミルクジャム、野菜など沢山買い込みました。今後も、男女が共に輝く共同参画社会が推進されるよう、サーラの皆さんの活躍に期待し、応援したいと思います。
午後は、田名小体育館で開かれた「田名鼓笛隊発表会」に出席しました。見事なドリルと演奏の発表を参観して、頑張る子供たち、応援する保護者の皆さんに、大きな拍手をおくりました。
posted by 江成直士 at 10:47| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

教育関係自治体議員会議に参加しました

 2月8日、日本教育会館で開かれた「教育関係自治体議員会議」に参加しました。教職員の多忙化、公務員制度改革・労働基本権付与、全国学力テスト、大阪の教育基本条例など、教育をめぐる諸課題について、これに取り組んでいる日教組の担当者から、報告、説明を受け、質疑と意見交流がありました。
 いずれも教育に関わる重要問題であり、政府・文科省の動向と日教組としての対応、全国教育長会議、日本PTA連合会等の意向など多面的な情報を得て、また、全国各自治体議員の意見を聞いて大変勉強になりました。
 全国自治体ごとに背景と状況は違っても、子どもの確かな学び豊かな成長は共通・普遍の課題。今後も、子どもと教育現場への思いを共有しながら、連携・連帯して取り組んでいきたいと思います。 
posted by 江成直士 at 21:57| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議会改革関連の検討会に出席しました

 2月6日、議会改革等に関する検討会に出席しました。今日は第1回で、正副座長の選出と、検討課題、検討方法、会議の公開等について意見交換をして、三回しました。地方分権改革を進展する上で、議決機関としての議会の機能強化は、大きな課題です。あくまでも市民に向けた市民ための議会改革を進展させるために、議会基本条例の実現などを目指して、精一杯取り組みたいと思います。
 2月7日は、議会運営に関する検討委員会に出席しました。議場へのモニター・質問残時間表示、代表質問時間の拡大、監査委員の一般質問、決算特別委の検証、予算特別委の位置づけなど最終的な検討協議を行いました。全体の合意、一致が難しく、次回最終確認に持ち越されました。
 私は、議会の審査機能を高めるため、代表質問の時間拡大を提起し強く要請してきましたが、多数会派は、「現状通り」を譲りませんでした。それは「自分たちの時間は十分、少数会派が時間増やすのはイヤ」と言っているのに等しく、議会人の認識としては、誠に残念です。議会は、多数会派だけで成り立つ訳ではなく、少数会派・少数意見のも含めて議論を活発化し、議会機能を高める必要があると思います。
 今後の「議会改革等検討委員会」の議論も、困難が予想されますが、「市民のための議会、市民のための改革」を目指して、一生懸命取り組んで行きたいと思います。
posted by 江成直士 at 21:12| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

田名・堀之内自治会館落成式に出席しました

 2月5日、田名堀之内自治会の新自治会館落成式(祝賀会)に出席しました。老朽化した旧自治会館の建て直しが具体的な課題となってから足かけ5年、自治会法人格の取得の署名活動、自治会館敷地所有権の獲得、自治会館建設設計、工事入札・契約、施工、完成と、数々の課題を乗りこえてきた建設委員会、関係者の皆さんに心からの敬意を表したいと思います。堀之内戸主会の共有地として登記されていた敷地は、年月の経過の中で登記上の地権者が500名を超えていたそうで、裁判手続きも含めて、堀之内自治会の所有権を取得されました。また肝心の建設資金は、基金積み立てを長年継続し、市の補助金を加えただけで予定額になったそうです。
 多くの方の尽力、取組で落成した堀之内自治会館は、2階建て計72坪の立派な構えです。今後、自治会の活動拠点として活用され、地域コミュニティが充実発展する事を期待したいと思います。
posted by 江成直士 at 21:06| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱原発1000万人署名活動に参加しました

tayori 012.jpg 2月4日午後、橋本駅頭で「さよなら原発1000万人署名」活動に参加しました。橋本駅では、1月9日に続く呼びかけで、2時頃から1時間半ほど、同僚の金子議員と交代でマイクを握り、「脱原発、自然・再生可能エネルギーによる安全社会」の実現を訴えました。通行する人の数と署名してくれる人の数には大きな開きがありますが、しかし「原発、このままではいけないね」「人間がコントロ-ル出来ない、廃棄物の処理が出来ない原発は、人間と共存できない」など、熱く語りかける人もいて、大勢の方から署名を頂くことが出来ました。しかし現在、全国で取り組まれる脱原発署名は、目標の半分500万人程度で、一層の取組が必要です。@新規原発建設計画の中止、A浜岡原発をはじめに、既存原発の計画的廃止、B危険なプルトニウムを利用する「もんじゅ」・「再処理工場」の廃棄という、最も基本的な要求を共通項目として、原発に依拠せず、自然エネルギーの利用拡大を軸とした、安全・安心社会の実現を目指して、粘り強く取り組みたいと思います。(橋本駅頭で、脱原発署名を呼びかけました) 
posted by 江成直士 at 20:41| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田名美化活動に参加しました

TS3G0269.JPG 2月3日、田名美化ボランティアの活動に参加しました。今回も田名塩田、向原遺跡先の相模川斜面地の清掃で、家庭ゴミが層になっていたり、投げ落とされた積もっていたり、膨大な量でした。お酒や醤油、ソースなど瓶詰めのまま捨ててあったり、コンビニ弁当の空き箱も相当な量でした。塩ビのパイプなどは、関係業者の違法投棄と思われました。拾い集めたゴミは、軽量物がほとんどなのに1400sに達したそうです。不法ゴミが、5年〜10年と以上も放置されたままに置かれていたことも、行政上の課題です。とにかく違法投棄の実態を見て、「モラルの荒廃ここまでか」と暗澹とした思いに駆られます。教育の場にあった者としても、忸怩たる思いが絶えません。公共マナーの確立など行政課題として、住みよい地域づくりを進めなければならないと思います。(2トントラックに満載になったゴミ)
posted by 江成直士 at 20:18| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木更津駐屯地を視察しました

tayori 009.jpg 1月31日、米軍基地返還等市民協議会の一員として、陸上自衛隊・木更津駐屯地を視察しました。アクアラインを経て約2時間ほどで、到着しました。木更津駐屯地は、1936年木更津海軍航空隊基地として運用開始、戦争、敗戦、米軍駐留、航空自衛隊駐屯を経て、現在第1ヘリコプター団、第1対戦車ヘリコプター団、東部方面管制気象隊等が駐屯しています。第1ヘリコプター団は、朝霞基地から座間基地に移駐する中央即応集団隷下であることから、私たち相模原市とも、大きな関係があります。部隊連絡飛行などの増加がも危惧しながら、広報官の概要説明を聞きました。施設・装備の他、災害派遣活動、国際貢献活動、要人空輸活動、市民交流・公開活動など自衛隊の幅広い存在性を、具体的に知ることが出来ました。
 木更津駐屯地に配備されている各種ヘリコプター、連絡偵察機や山林火災消火活動に使われれう巨大なバケットなどを実見しました。対戦車攻撃ヘリ「コブラ」も見ましたが、機関銃や対戦ミサイル発射口などから戦争戦闘そのものを想起し、ゾッとする気持ちになり、戦争兵器が実際に使われる事は、絶対あってはならないと思いました。
 今、東北で広がっている雪害対応など、災害救援活動をもっと積極的に展開して好いのではないかと思いながら、国の安全保障と自衛隊の存在性、相模原の基地縮小・撤去との関係などについて改めて考える機会になりました。(要人輸送へりの前で)
posted by 江成直士 at 18:11| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退女教の新春懇親会、政調費検討委員会に出席しました

 1月30日、湘北退職女性教職員会(退女教)の新春懇談会に出席しました。現職時も含め、今も大変お世話になっている方々と親しく懇談が出来、楽しい時間になりました。退職された後も、「教え子をふたたび戦場に送らない」の願いをもとに、平和学習の活動も展開されています。会員の皆さんの健康と活躍を期待し、これからも連携を図っていきたいと思います。
 午後、政務調査費検討委員会に出席しました。川ア市議会では、過去の政調費使途が問題になり多額の返還が行われています。本市においては、透明性のある適正な運営されていますが、市民への説明責任が十分に果たせるようしっかり取り組んでいきたいと思います。
 検討会の課題は今日で全て整理でき、任務を終了しました。他会派の皆さんとも忌憚ない議論が出来、大変勉強になりました。
posted by 江成直士 at 17:06| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「昭和のかたち」写真展を鑑賞しました

 1月26日、市民ギャラリーで開かれている「江成常夫・昭和のかたち」写真展を鑑賞しました。今日は内覧会で、本展は1月27日から2月13にまでです。
 江成常夫は昭和の戦争に対峙し、そこに埋もれたままになっていた庶民の辛苦を掘り上げて、世に問うてきました。昭和の負の遺産にしっかりと向き合い、その意味とその先に築かれるべき精神世界の有り様を追究した作品群は、我が実兄ながら、瞠目に値する業績だと思います。
 また、市民の写真活動を支援し豊かな精神文化の構築を願って進めてきた「さがみはらフォトシティ」の取組も重要です。レセプションでは、写真美術館構想にも触れていましたが、是非粘り強く活動し、相模原文化の向上振興のために頑張って欲しいと思います。
 よる、横浜で開かれた「社民党県連新春の集い」に出席しました。今や極小の社民党ですが、脱原発をはじめ、平和、環境、国民生活、教育など諸政策に共感する部分も少なくありません。協力・連携の機会を大切にしたいと思います。教育出身の「かな政連」議員や労働運動OBも多数出席していて、思いで話や最近の政治談義が弾みました。
 
posted by 江成直士 at 16:04| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

県央八市議員合同研修会に参加しました

 1月25日、秦野市で開かれた「県央八市議員合同研修会」に参加しました。講師は、元国会議員で前三重県知事・北川正恭さんで、「地方主権時代〜二元代表制とこれからの地方議会を問う」と題する講演を聴きました。
 地方分権(地域主権)について、その経緯や後戻りのあり得ない必然性、意義について熱弁を伺い、地方議会の役割と議員の使命について、強く心に刻みました。地方分権の基に地方政府・地域主権の行財政を確立する上で、決定権者である議会と議員の存在の大きさをしっかりと受け止め、役割と使命を遂行するための議会改革を推進しなければならないと思います。これまでのままでは、議会と議員の存在意義を確保する事は出来ません。市民の前に存在証明を果たせる議会を求めて、党派・会派の違いを超えて議会改革に取り組みたいと思います。
 夜、相模原地域連合の新春の集いに出席しました。連合組織内議員として、「働く人、働く事が大切にされる社会、子たちが、夢を持ち豊に健やかに育つ地域を目指して頑張る」旨の決意を述べました。労働運動の元気が、働く人の生活を守ります。同じ立場に立って、市民の安全安心のために、労働組合の皆さんと連帯していきたいと思います。
posted by 江成直士 at 15:21| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政令市議会議員政策研究会に参加しました

 1月23日〜24日、同僚の金子議員、小林議員と共に、仙台市で開かれた「政令市議会議員政策研究会」に参加しました。政令市の社民党系議員が中心に、政策の研究交流を行うもので、相模原としては初めての参加です。
 初日は、東日本大震災における仙台市の被災状況を視察し、復旧・復興の現況を伺いました。東部海岸地域では震災ガレキが分別され、独自処理のための焼却プラントも稼働を始めていました。農地の回復に向けて海水による塩害土壌を削り取る事業も順調のようです。しかし、住宅の土台だけが残る風景は、被災の甚大さを語って余りあると思いました。
 西部内陸部・折立地区では、地すべりや地盤崩壊で被災した住宅地を視察しました。地盤崩落の危険があることから、地域の小学校が閉鎖され、子供たちは、近隣の小・中学校で分散授業をして居るそうです。30〜40年前、県が行った宅地造成のあり方に疑問を感じ、大きな被害と不安にさらされた方々の辛苦を思い、支援の強化、継続の必要を痛感しました。
 市の担当者から復興計画の進捗状況なども伺いました。100万人の都市力を生かした復興計画を聞いて、周辺市町村との「差」を感じました。「復興では、仙台市の独り勝ち」という見方もあるそうで、他の自治体の被災者の皆さんが、それぞれのふるさとで生活再建が出来るように、しっかりした支援の手を差し伸べなければならないと思いました。
 二日目は、各政令市の課題や議員の取り組みを交流し合い、大変参考になりました。今後も政令市固有の問題、市民に立脚した議会改革など共通課題について政策・実践交流を深め、相模原市の市政運営に生かしていきたいと思います。
posted by 江成直士 at 14:52| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

友誼労組等の新春の集いに参加しました

 1月20日は市職員労組、21日は郵政(JP)労組と社民党相模原総支部の各「新春の集い」に出席しました。それぞれ、昨年の市議会選挙において、推薦・支援を頂いた労組・組織であり、そのことの感謝と共通課題実現に向けた連帯の挨拶を述べました。また、親しく交流懇談を深めることが出来ました。
 多くの市民、推薦労組等の支援と連帯によって二期目の議席を確保する事が出来ました。この事をしっかり受け止めて、働く人、働く事が大切にされ、誰もが平和に安心して生活でき、子供たちが夢と希望を膨らませて学び、育つ地域社会の形成を目指して頑張っていきたいと思います
posted by 江成直士 at 22:14| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議会運営のあり方検討委員会に出席しました

 1月20日、議会運営のあり方検討委員会に、会派・市民連合の代表として出席しました。
 これまでの継続課題だった議場への質問残時間標示機(モニター)の設置、代表質問時間の増加、監査委員在任議員の一般質問許可などについて協議しました。いずれも全体の合意に至らず、次回の最終協議の場で検討することになりました。
 私は、議会改革・議会活性化の方向も目指して課題提起をしてきましたが、特に大会派の皆さんとは意見が揃わず、思いは通じませんでした。価値観・認識の違いと言えばそれまでですが、もっと議員間の討議を深め、切磋琢磨して議会力を高める必要があります。新たに議会改革・議会基本条例の検討の場が予定されていますので、今後の協議の深化を図りたいと思います。

posted by 江成直士 at 22:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

議員研修に参加しました

 1月16〜17日、千葉市の市町村職員中央研修所で行われた「議員特別セミナー」に参加しました。
 1日目は二本講義があり、大森彌氏(東大名誉教授)の「地方議会の役割と改革の行方」では、分権改革の中で地方議会が担うべき役割について、問題提起を受けました。二元代表制の意義や地方議員の使命について、認識を深めることが出来ました。橋紘士氏(国際医療福祉大教授)の講義では、「高齢化社会における福祉の今後」について伺いました。詳しいデータを基に、福祉の課題と今後の方向性について理解を深めました。
 2日目は、まず岩井奉信氏(日大教授)の講義「これからの政治の行方」で、政権交代後の国政の状況を具体的に解説して貰いました。国内外の課題に対応しきれない政治状況に、改めて苛立ちを感じながら、それを打開するのは、私たち国民であり、地方からの取り組みが必要だと痛感しました。最後の講義は、山口義行氏(立教大教授)の「これからの日本経済の行方」で、バブルレス経済とソブリン不況が広がる中で、地域・地方からの活力を生み出す方向について、理解を深めました。人と人、地域と地域を「つなぐ」発想と取り組みの重要性について、認識を深めることが出来ました。

posted by 江成直士 at 05:43| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

1月の諸行事等に参加する事が出来ました

 新春・恒例の諸行事に参加し、2012年、元気にスタートできました。
・2日〜二人の娘の家族が来て、婿や孫、総勢10人が揃い、賑やかな家族会になりました。一昨年から、拙宅の庭先で、地元の田名若連の皆さんが獅子舞を披露して下さっています。怖がって大泣きする者もいましたが、お正月気分を家族みんなで味わうことが出来ました。孫たちは、一週間滞在し、江成家を賑やかに騒がしく席捲していきました。
・5日〜市賀詞交換会に出席しました。市長さんをはじめ多くの方々が、そのご挨拶で、東日本大震災からの復興、市の発展・拡充について述べられました。ただ、いつもながら、市民文化や子供の教育などへの言及が無く、残念に思いました。私も市民の安全・安心、福祉の増進、そして教育・文化の振興に向けて、一生懸命取り組む決意を深めました。
・6日〜田名八幡宮の「的祭」に参加しました。今年の奉射は、90%以上の的中で、無事平穏、豊饒の年を期待することが出来ました。知人のお孫さんも参加されていて、落ち着いた振る舞いに、関心しました。
・7日〜田名地区自治会賀詞交換会に出席しました.地域活動の先頭に立つ方々、各種地域団体代表、役員OBなど多くの皆さんと交流し、地域づくりの思いを共有することが出来ました。バスターミナルの整備に伴うバス路線の再編、安全・防災の取り組みなど地域生活に直結した問題に、積極的に取り組みたいと思います。
8日〜午前は、消防出初め式を参観しました。消防団と市消防の皆さんの、訓練の行き届いた素晴らしい消防活動に、最後まで拍手を送りました。特別高度救助隊「レスキューはやぶさ」の装備、活動実演にも眼を見張りました。
 午後は、詩吟・さがみ岳風会横山教場の稽古始めを兼ねて、美風流・あざみ野教場の皆さんと交流会を行いました。独吟で「春望」「雪梅」、合吟で「弘道館にて梅花を賞す」を吟じました。少し力が入りすぎて仕舞いましたが、初吟の交流を存分に楽しむ事が出来ました。
・9日〜「はたちの集い」に参列しました。全国220万人の新成人に次代を担う積極的な生き方を期待したいと思いました。今年成人式を迎えた中央小や淵野辺小の教え子の姿も見かけ、「校長先生お元気ですか」などと声を掛けられ。嬉しくなりました。教え子を含め、皆さんの立派な成長ぶりに、心からの拍手を送りました。
 午後、橋本駅前で「さよらな原発・1000万人署名」の呼びかけ運動に参加しました。2時間足らずの時間でしたが、交代でマイクを握り、呼びかけビラを渡しながら、「脱原発、エネルギー政策の転換」国民運動への結集を訴えました。
・10日〜神教組旗開き・新春の集いにさんかしました。共に教組運動を担った仲間のや各団体、議員の皆さんと教育の充実、地域からの教育改革の推進について意見を交わしました。最後に、「かな政連」の一員として、「教育!教育!教育、子供!子供!子供」をテーマに頑張る決意を述べました。
・11日〜市体育協会の賀詞交換会に出席しました。各競技団体役員や体協表彰受賞者の皆さんと楽しく交流しました。市民体育の振興発展は、市民の健康生活に直結します。市民体育の環境整備にも積極的な意見表明を図っていきたいと思います。
・12日〜市建設関連団体連絡協議会の賀詞交換会に出席しました。市内経済の活力を高める上で、建設関係業界を初めとして市内各業界の強化は重要です。公共事業の在り方も含めて、しっかり見守り、支援していきたいと思います。
・13日〜湘北教組旗開き・新春の集いに出席しました。分会長会議の前にお茶で乾杯するだけの質素なイベントですが、市長はじめ各団体、労働組合、議員など多数の来賓の参加され、いつも以上の盛会でした。組織内議員として、子供の明るい平和な未来のため、また教職員が誇りと働きがいをもって頑張れる教育環境を求めて、教組運動と連携して頑張る決意を述べました。
・14日〜早大相模原校友会の新年会に出席し、校友の皆さんと楽しく懇談、交流をする事が出来ました。久しぶりに「都の西北」を歌い、元気が沸きました。先輩交友の健康、元気と励ましの言葉で、力づけてもらいました。「同窓・校友」ありがたいものです。
 夕方、「神奈川建設一般労組・相模原支部の新春の集い」に出席しました。12議会で制定された「公契約条例」について、大きな期待が寄せられており、一般質問などで制定を訴えてきた立場から、共感しながら参加しました。会派を代表する挨拶で、「働くこと、働く人が大切にされる社会」「安心して働き、生活し、明日に希望を繋げる社会」に向けて、共に頑張る決意を述べました。
posted by 江成直士 at 20:48| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

地域行事や寒中水泳大会に参加しました

 2012年(平成24年)がスタートしました。大震災からの復興、原発事故の克服、雇用や社会保障の確保、財政の確立、・・・・課題山積の年明けですが、明るい希望に向かうよい年になりますよう、みんなで力を合わせて頑張りたいと思います。
 大晦日は、田名地区の神社やお寺を回り、除夜の鐘をついたり初参りをしたり、ゆく年くる年の地域行事に参加しました。いをしました。 
 地元・四ッ谷の石神社では、初参りの恒例行事があり、お参りを済ませた皆さんに挨拶をさせて頂きました。のはに行き、初参りをしました。破魔矢も買って、新年の平安を祈りました。
 石神社・初詣の後片付け後、午前2時過ぎから、四ッ谷自治会賀詞交換会に参加しました。今年も、自治会役員や神社世話役の皆さんと「日本で一番早い賀詞交換会」を楽しみました。
 元旦の午前中は、寒中水泳大会の準備、運営に参加しました。
 12時過ぎから始まった寒中水泳大会は、147名の入水参加者、大勢の観衆があって、今年も盛大・無事に終えることが出来ました。後片付け後の水泳協会新年会も、寒中水泳の反省会を兼ねて、楽しく参加させてもらいました。
 二期目の議員活動最初の大晦日と元旦、お陰様で、例年のように元気に過ごすことが出来ました。今年も、市民の安心と希望の実現、特に教育・福祉の充実に向け、全力投球したいと思います。
 今年も一層のご指導、ご支援を、お願い致します。



posted by 江成直士 at 21:39| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

寒中水泳大会の準備に参加しました 

12月31日、大晦日恒例になった相模川寒中水泳大会の準備作業に参加、無事に1年の仕事納めが出来ました。市水泳協会の一員として、もう40年近く続く取り組みです。
 10時前、先ずは田名小に集まり、竹の切り出し、的作り、弓矢の準備などの作を、みんなで分担して取り組みました。
 今年も1時過ぎに作業が終わり、本番の仕事を確認をして解散しました。
 明日の元旦、寒中水泳を無事に運営して、新年を明るく健康にスタートしたいと思います。


posted by 江成直士 at 20:24| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

消防団激励巡察に同席しました

 
消防 001.jpg 12月26日夜、田名消防分署の消防団長激励巡察に出席しました。
 歳末特別警戒が26日から始まり、初日に、市消防団長と消防長が市内分署を巡察して、各地区の消防団を激励します。昨年も同じ日に、激励巡察が行われました。
 8時半頃、激励式が行われ、参集した田名地区の各消防団員の皆さんに対し、市消防団長、消防長から、激励の挨拶がありました。団員の皆さんも、分団長の号令でキビキビと行動し、頼もしい限りでした。市内には定員に満たない消防団もあありますが、田名地区は若い団員さんも多く、地域のまとまりの強さを感じました。
 激励式では、私も、市民の安全安心のために頑張る消防団の皆さんに感謝を述べ、一層の活躍をお願いしました。
 短い時間でしたが、寒気に身が凍えました。夜の歳末警戒活動は、寒さも一層のことと思います。健康に気をつけて頑張って頂くよう、祈念しました。(写真は激励式の様子)

posted by 江成直士 at 20:42| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。